日本海ブルーと北風を駆け抜けて












雪がちらつく年末の午後
日御碕にて冬の日本海と対面した。

美しすぎる青色と
思わずひれ伏したくなるような迫力の波と
凍るように冷たいとびきりの強風で
歓迎してくれた(んだよね‥?)


寒過ぎて長居できなかったけど
焼きイカも食べたし 家族写真も撮れたし
我が家のプリンス・チョコも
父に連れられて岩場を爆走し
大満足だった様子。

強風も荒波も全く気にせず
小さな馬のように駆けまわった愛犬、
相変わらず愛玩犬とは思えないたくましさ。
(無事に伴走した60代の父もスゴいけど‥)

いつか、おやゆび姫か一寸法師に変身して
きみの背中に乗せてもらいたいな。

陽気で怖い物知らず、そして常に全力投球の
きみから私が学ぶべき事、数えきれない。





⇧ 
(あの時の勇姿とはまるで別犬ですが、参考写真)



チョコさん、今年もよろしくね。





山陰の空は、他のそれとは何かが違っているように思う。

このブログの人気の投稿

旅立った人は、どんどん進んでいく。

人がこの世を旅立つということ

夜明け