思い出ひとかけら

この間、押し入れをひっくり返して片付けをしてた時。

子供の頃の懐かしいガラクタがざくざく出て来て
ひとりタイムスリップに浸ってみたり、
バイオハザードなアイテムも発見してしまい怖い思いもしたり。。


一番笑っちゃったのが、この白い小箱↓




開けるとちゃんと入ってた
『前の家のかわら』のかけら。





私が小学4年か5年生の頃
古い本家を取り壊して今の新しい家が建てられた。


瓦礫の山から瓦のカケラを拾い上げて、
大事そうに箱にしまった少女よ‥‥

ごめんね、笑っちゃった〜




このブログの人気の投稿

旅立った人は、どんどん進んでいく。

人がこの世を旅立つということ

夜明け