ファミリーで挑んだサバイバルマラソン

すっかり遅くなったけど
いつもの様に日付をさかのぼって、
小豆島オリーブマラソンの結果報告。

前日の投稿に書いた天気予報はほぼ正確で
初めてのマラソン大会は
ずぶ濡れマラソン大会だった!

雨男に責任を擦り付けてみて、
どうにかなるようなレベルの雨じゃなかった訳です。。
(あの後、そんな事より自分が「雨女」なのでは?
という声もいくつか上がったけど‥いいえ、私は違います!)

スタート前に、トイレ待ちの列に並んだ時点で、
服のままシャワーを浴びたような状態。
まあでも一旦濡れ鼠になってしまったら、
これ以上濡れるだの濡れないだの
心配する必要が無くなって、走る事に集中できた。

「何か初めての事にチャレンジしてみよう。」
今年の1月?それとも2月だったっけ?
3人の目標が偶然一致して出場を決めたマラソン大会。
3人とも自分の足で、それぞれのタイムでゴールできた!

ひとりで走るジョギングが好きな私。
でも今回、一緒に走ったり
不安や感動をシェアできる仲間がいるのは
とても幸せなことなのだと気付いた。

今回もう一つの感動は
3人のランナーを、8人プラス一匹の
大家族が大雨の中応援してくれたこと。
80歳のおばあちゃんまで、カッパを着て!!

チョコさんは、父と弟が交代で抱っこしていてくれたそうで
愛犬の顔を見つけると迷わず駆け寄って行って
横顔にキスをした私。 えぇ、親ばかですとも‥


大会の結果。
10キロレースのタイム、ギリギリで1時間切れなかった!
練習サボりまくっていたので自業自得です。
でも、30代同世代女子の中ではトップ1/4内だったそうなので
初めてにしては悪くない結果なのかもしれない。。
次はハーフに挑戦してみる。
今回のコンディションで走れたんだから、きっと大丈夫でしょ。
たぶん。。

チーズケーキも、合格点もらえました。
ホッ!



大会前日の午後。
坂手のビーチで遊ぶファミリー達。

このブログの人気の投稿

旅立った人は、どんどん進んでいく。

人がこの世を旅立つということ

夜明け