ようやく『彼女は晴れ空を追いかけ』 旅に出た。

大急ぎでパッキングをして、
船出港の10分前に
勇ましく?出発‥





晴れて彼女は、念願の『旅人』になった。


「行ってみればどうにかなる」
そうつぶやきながら、バイクでひとり旅に出かけた彼女。

これまで日帰りでひとり船に乗って出かけた2回とも
前夜から緊張でお腹が痛くなっていた彼女なのに。。

もちろん不安な気持ちは山ほどあったみたいだけど、
今回彼女がどうやってそれらに封をしたんだろう‥
知りたいけれども彼女はなかなか教えてくれない。


そんな事よりも!と彼女が喋りだすのは、
期待していた以上に綺麗で大きかった景色を見れた感動とか
旅に出る前よりも少しだけ頼もしくなった彼女自身に会えたり
「一人旅をしていても、自分は独りじゃなかった」と
感じる事ができて嬉しかったとか‥
そんなのばっかりで、こっちの質問にはちっとも答えてくれない。


まあ、良い旅でなにより‥!
でも次回の旅では、もっと人の言うことも
聴ける女になって帰ってきておくれよ〜
ナビゲーション能力も、はやく身に付くといいね‥






電話やメールや祈り、それから手書きの地図や
笑顔、笑い声、etc etc・・
色んなかたちで彼女と相棒の866kmの旅を
応援してくれたみんなの優しさに、心から感謝です。
ありがとう!!

お賽銭よりも他人への奉仕を

初詣で参拝者が長蛇の列を作っているのを見て 行列に並んでいるほとんどの人が、きっと当たり前のように 自分や自分の大切な人の幸せな一年をお願いしているのだろうと想像し、 初詣参拝者が皆、自分の願い事だけでなく 世界平和を自分の願い事と同じだけ思いを込めて願ってくれるよう...