森林浴、自然浴、無言の城

一週間ぶりにバイクに乗って、森林浴してきた。

寒霞渓から近い、星が城にて。




(あ、トリッカーちゃんは、アスファルトの駐車場でお留守番ですよ〜)

エバーグリーンの間のトレイルを歩くと
深呼吸せずにいられない私。

何となく、カナダ・ノースバンクーバーのトレイルを
思い起こさせる雰囲気で、個人的にとても好きな場所だ。

しかし、しばらく歩くと森はガラリと衣装替えして
今の季節だと蛇がでてきてもおかしくなさそうな山道に変わる。

この場所へ来たのも数年ぶり、
蛇がにょろにょろと散歩してそうな道の事など
綺麗さっぱり忘れていた!
一旦立ち止まって考えた結果、せっかく来たのだから
恐る恐るでも歩き続けて頂上を目指すことにした。

普通の蛇さんならびっくりするだけなので平気だけど、
何とかいう名前の怖い毒蛇がいるんだよね、小豆島の山にも。。


一つ目の頂上には、ひっそりとした神社と、秘密のお城がある。







神さんに挨拶してから、城の前まで進んだ。

何周か周りをウロウロ歩いてみても無言のままのお城。
「今度は一眼レフ連れて来るから、きっといいの撮らせてね」
そう言ってから山を下った。

返事は無かった。





その後さらに少し寄り道してから帰宅すると
膨れっ面の彼が出迎えてくれた。


「マミー遅い!散歩の時間30分も遅刻やで!」


すばやく着替えて四輪車に乗り換え
最近お気に入りのビーチへ向い
夕刻の太陽で輝く波打ち際を
愛犬と2人占めしてきた。

このブログの人気の投稿

旅立った人は、どんどん進んでいく。

人がこの世を旅立つということ

夜明け