父の日に、古い写真の写真を撮りつつ‥

昨年は、母の日に涙をぼろぼろこぼしながら
ブログに載せる長〜い文章を書いたのに
確か父の日には何も書かなかった‥。(あ、でもメールは書いたよ!)
(もうそのブログは終わらせちゃったけどね)
だから今年は書くぞー!!



まず、父の書斎にある古いアルバムを開き
書きたいイメージに合いそうな写真を探す。



あったあった、家族旅行の写真の間に!
こりゃいいや。
父が30代の頃の勇姿!



う〜ん、この写真誰が撮ったんだろ‥?





アウトドア&アクティブ派の父は
私たち兄弟が小さい頃から
海で山で、いっぱい遊ばせてくれ、
時には学校を休ませて旅行に連れて行ってくれた。

物よりも経験や思い出を沢山与えてくれた父。

小学生の頃、同級生との会話を思い出す。
確か、年明けにクリスマスプレゼントかお年玉の話をしていた。
「うちは旅行に行くから、おもちゃのプレゼントは無いんよ」と言うと
「え〜、そんなん嫌やな〜」と同級生。

「おもちゃもいいけど、家族旅行もめっちゃ楽しいよ」
当時の私には、そう答える勇気があったのかどうか
もう覚えていないが、
今の私がその場にいたら、きっとこう付け加えている。
「楽しい思い出は、飽きたり壊れたりしないし
大人になってからもずーっと心を暖め続けてくれる
一生物のプレゼントだと思うよ。」



若い頃は仕事一筋で、リタイアした後
のんびりと旅行や趣味を満喫するのも
素敵な生き方だと思う。

でも、若くて体力のあるうちに やりたい事を思う存分楽しみ
シニア世代に入った?現在はスロー&シンプルライフを生きる
父の選択も、とても輝いて見える。


去年だったかな?
3兄弟で飲み明かしたバンクーバーの夜。

子供の頃の家族旅行の道中、車のカーオーディオで
父がよくかけていた曲たちをYouTubeで探しては聴きながら
思い出話をしつつ、飲んだ。

そして誰かが言った。
『やっぱりお父さんの行動力は凄いよな〜。
真似したいけど、とてもできんわ。』

全員頷いた。


60代、70代になった3人が集まり飲む時にも
きっと同じように、楽しかった子供時代や
勇敢で、時には無茶苦茶?だった、
自慢の父親の思い出話で盛り上がるに違いない。

父がバイクに乗っていなかったら
私もバイクに興味を持つ事もなかっただろうし
スキーに目覚めた父がひとりでカナダスキー旅行へ行き、
その後40代の時にバンクーバーへ語学留学をしていなければ
私たち3兄弟は今何処でどんな生き方をしているのだろう。
想像できない‥




下のおまけ写真は先月に撮ったもの。
コンデジで、上手く撮れなかったのが残念だけど
何だかんだ言って結局60代に入っても
やってる事はあんまり変わってないか‥?(笑)





弟がこんな遊びを始めたら↓
「ワシもちょっとやってみるわ」と
やっぱり遊ぶの大好きな父は健在だった。。




自分の寿命を勝手に予測したりする、おもろいオッサンでもある彼。

「65か、もしそれを超したら72か74やと思う。」

そうですか、もし65だとしたら
あなたと一緒に過ごせるのはあと4年も無いのか。
一日も無駄にできんね(笑)
とりあえず、今夜は美味しい餃子を作るよ。

Happy Father's Day!!!


世界中のお父さん達へも、おめでとございま〜す。
若いお父さんも、シニア組のお父さんも、その中間のお父さんも
大切な家族と一緒に笑顔で過ごす一日になりますように。




このブログの人気の投稿

旅立った人は、どんどん進んでいく。

人がこの世を旅立つということ

夜明け