初めまして、『木のキャリー』です‥

紀伊半島ツーリングで大活躍した『木のキャリー』を紹介します。





イメージ的には、ちぐはぐで巨大な割り箸を結び付けたような感じ‥?


見栄えする写真が無いので、紹介するといいつつ後回しにしてきたんだけど、
よく考えれば、これをかっこ良く撮れということ自体
無理な注文のような気がする。



しかし、これのおかげで細い細いトリッカーに
容量50〜65Lのバッグをガッチリ固定できて
安全&快適なツーリングを楽しめたよ〜

ネットを掛ける必要も無く、頻繁なカメラの出し入れが
ストレス無くできたのも本当に助かった。

(高知の時にはネットを使ったので、
めちゃくちゃ面倒だったんだよね。。
最後の方は写真撮るの諦めてたもん。)



スリムなバイクに沢山荷物を積んで旅をしたい皆さん
こんな方法もあるよ〜。。


見かけはイマイチで、ちょっと恥ずかしいけど
荷物を積んでしまえば割り箸は目立たないしね‥



材料は丸太と板と紐。
丸太は昔、先代シャチの積み降ろしに使っていたものを再活用。
他に使ったのはノコギリ、サンドペーパー、蚊取り線香、鉛筆。



丸太には、キャリーのフレームに合わせて凹みを入れ、安定性を高めています。
道中、紐が緩んでいないかのチェックも心がけていました。



あ、作成者は私ではなく麦わら帽子のおっちゃんですよ。
バッグが届いてから出発まで時間が僅かだったので
大急ぎで作ってくれた。
ありがとう!!!


ちなみに彼は、WR乗りの弟にも
木のキャリー作成のオファーを申し出たところ
即答で「いや、要らん。」が返ってきたそうな(笑)







メーカーのイメージ写真とは前後逆にバッグを取り付けてます‥
工夫すれば本来の積載方向でもいけるかな?
逆向きでも全く不便は無かったけど。




旅の後、木の長さなどを調整してもらい
王子の印章も頂戴し、




その後も、ゴムバンドを買ってきて試したり、
散歩中に竹林の側を歩けば、竹の可能性にも想像が膨らむ。。
次回の旅では一段とグレードアップされてるかもしれません。
お楽しみに‥









トリッカーちゃん
これからも、型にはまらない旅スタイルでいろんな所へ行こね♪




このブログの人気の投稿

旅立った人は、どんどん進んでいく。

人がこの世を旅立つということ

夜明け