急ぎ足の中山ツアー


またまた、朝走りの途中にささっと撮った写真たちです。

中山地区は、「千枚田」が有名。
バリ島ウブドのライステラスもよかったけど
小豆島のも綺麗だよ〜



棚田撮影にはまだ未挑戦の私、
ね?ほんとにきれーでしょ?と
自慢げに載せる写真も無いんだけど‥




中山〜肥土山の棚田、田園を走り抜ける252号線は、いいよ〜♪
景色を楽しみながらの〜んびり走るのを好む人へ、内緒で?教えます。







田んぼとトマト畑の中に、芸術祭の作品をもうひとつ見つけた。





Dadang Christiantoさんの『声なき人々の声』

実は前回の中山写真にも写ってたのに、紹介しそびれてました。。
竹の棒みたいなのが一杯並んでるな〜とは思ったけど、
まさか芸術祭の作品だったとは。

Suh Do-Hoさんの『Net-Work』も
初見では漁師が網を干しているようにしか見えなかった。
「やけにキラキラ光る網なんやな〜。
あれぇ?あそこに芸術祭の看板があるよ」みたいにね‥


目の前にあっても気付かないような、風景の中に溶け込んだ作品たち。
瀬戸内芸術祭の、ひとつのコンセプトなんだろうね、きっと。

改めて美術館などでの展示を見に行くのではなく
普段着で散歩がてら鑑賞できる
田舎らしいそんなカジュアルさが、
とてもとても素敵だと私は思う。








こちらも不思議そうな作品。

風が吹くと音が鳴り響くそうだよ。

しかしまた今回もタイムオーバーのため
急いで写真を数枚撮らせてもらっただけ。
いつか戻ってきます。




王文志さんの『小豆島の家』の、すぐ側にあります。
『小豆島の家』またもや入ってみる時間は無かった。
前回よりも接近できたけどね。





ほんとに竹を編み合わせて創られてるの!!
すごい。




このブログの人気の投稿

旅立った人は、どんどん進んでいく。

人がこの世を旅立つということ

夜明け