この夏、私は不思議な蝉に会った。




ある日の夜戸締まりに外へ出ると、頭上に白っぽい何かが居た。
それは、ふ化したての蝉だった。
大きいのでクマゼミだろう。
ふ化したばかりの蝉を見たのは、記憶の限りこれが初めてだったので
思わず近寄って観察してしまった。
『地上での暮らしは色々と大変だと思うけど、健闘を祈るよ』
私は何となく、話しかけてみた。
蝉は全く動かず、白っぽいまま抜け殻の側にぶら下がっていた。
生まれ変わった蝉は、朝日を浴びて飛び立ったのだろうか。
愛犬と朝の散歩に出かけた時には、抜け殻だけが残っていた。






一週間か10日か、それとも数日だったのか、はっきりと覚えていないのだが
しばらく経った日の夜また門を閉めるために玄関の外へ出ると
ジージーギャーギャーと派手な音と共に何かが飛んで来て、私の足元に落ちた。
ひっくり返った大きな蝉が、固まっていた。
『死んだの?』
しゃがんで左の人差し指で触ってみると、蝉は足を動かした。
ひょっとしてあの時の蝉だろうか?
きっとそうなのだろうと信じ込んだ私は、またその蝉に話しかけた。
『もうそろそろ寿命なのかな?地上の暮らしはどうだった?
子孫は残せたの?そうだといいね。 
頑張って生きたんだね。お疲れさま。』
翌朝同じ場所を見てみたが、そこに蝉の死骸は無かった。






その夜、何を思ったのか父が花火を買ってきた。






ベランダの下で、恐らく10年ぶりくらいの手持ち花火を眺めていると
また大声をあげて蝉が飛んで来て、仰向けの着地。
昨夜とまったく同じ登場の仕方だし、あの蝉に違いない!
いつの間にか1人で起き上がっていた蝉に近寄り、
人差し指で前足に触ると蝉は私の指の上に前足をチョンと乗せた。
そしてしばらくすると蝉はの右腕をノソノソと登り始めた。
肩まで登ると飛び立ち、側の網戸へ移動した。
ほんとに変わった蝉だな‥ちょっとかわいい‥
しばらく眺めていたが、蚊が鬱陶しくなってきたので家の中へ避難し
今度は内側から蝉の前に座った。
『明日の夜もまだ生きていたら、また会いに来てね』
そう言ってから、私は明かりを消した。






この夏、私は不思議な蝉に会った。
『ねぇねぇ、いつか私がそっちへ行った時には
またあの日みたいにジージーギャーギャー騒ぎながら
私の所へ飛んできてくれるかな?』

このブログの人気の投稿

旅立った人は、どんどん進んでいく。

人がこの世を旅立つということ

夜明け