肥土山






最近紹介しまくっている小豆島中山地区のお隣にある
肥土山(ひとやま)地区。









肥土山の田園は、お隣の中山の棚田とはイメージが一変
広々とした田んぼが見渡す限り広がっていて、開放的な空気が漂う。



こちらでは足を踏み外して落っこちる心配をせずに写真も撮れるし
「果てしなく広がる何か」が大好きな人間として
ひいきせずには居られない場所だったりする。









この辺りのあぜ道は、芸術祭の鑑賞ルートにもなっている。



トップ写真の真ん中に立つ可愛らしい樹は、
安岐理加さんの『島 — 人が島を夢想するとき』
(中山・肥土山地区に設置された3作品のうちのひとつ)



そしてこちらは丹治嘉彦さんの作品『海を繋ぐもの』








現在巨大な稲わらアートも制作中らしいよ〜




のどかなあぜ道
小豆島へ来たら、ぜひ歩いてみてね。


このブログの人気の投稿

旅立った人は、どんどん進んでいく。

人がこの世を旅立つということ

夜明け