島の秋祭り





赤い布団太鼓が印象的な、小豆島の秋祭り。


小さい頃は、地元の八幡神社のお祭りを家族で観に行っていた。
重箱にごちそうを詰めてね!












とは言っても、最後にふるさとの祭りを見たのは20年近くも前の事。



太鼓のスピーカーから流れていた歌や『えいしゃーしゃーげ』というかけ声、
それから乗り手の子供達が叩く元気な太鼓の音には、
古い記憶の海に懐かしい灯がともったけれども

大きな太鼓が練り歩いたり持ち上げられたりの光景は
初めて目にする異文化の行事の如く見物してしまった。


面白かったし、素晴らしく酒臭かった!!


(自分はバイクだったので飲めんかったよ)

















土庄町伊喜末八幡神社の大祭でした。




10月15日
「彼らは面をつけて太鼓を担いでいるの?」
そんな指摘があったので、補足です。
違うよ〜!!
面なんてかぶってないよ〜!!
そんなんかぶって担いでたら危ないやん。。


担ぎ手のおとうさん、おにいさん方のお顔は、
画像編集ソフトを使ってカバーさせてもらいました。
せっかくの男前を隠してしまい恐れ入ります!!
プライバシー保護のためです。







このブログの人気の投稿

旅立った人は、どんどん進んでいく。

人がこの世を旅立つということ

夜明け