カラフルに染まった小豆島の山








気がつけば最後にオートバイに乗ってから2週間が過ぎてしまったので
これはいけませんなーと山まで走ってみると
山がカラフルなパッチワークみたいになっていてびっくりした!!

ふもとの紅葉はまだまだなので、油断してたわ〜
寒かったけど、いっぱい重ね着して出かけてみてよかった。








ここは、寒霞渓から3kmくらい離れた四方指という所です。


ちょっと見にくいですが、下の写真の緑色で囲った場所が
小豆島のトップ観光スポット、寒霞渓ロープウェイの山頂広場。
そして黄色で印をつけたのが移動中のロープウェイ。
(クリックすると少々拡大できます)



賑やかな寒霞渓と違い、四方指には展望台があるのみ。

こちらには自販機もトイレもごみ箱も無いけど
静かに広がるここからの展望を眺め、ありのままの風が吹き抜けるのを感じたら
もう他には何も要らないと思えてしまう。






山の上の快走路にも秋の彩り。


車が走り抜けると、道端の落ち葉がふわふわっと舞い上がり‥

晩秋です。










寒霞渓周辺は、麓よりも4−5℃は寒いので
しっかり防寒対策がおすすめですよー


スーパー寒がりの私はあの日、山の寒さで身体がカチンコチンに硬直してタイヘンだった。
春以来コケてないけど、今日はいよいよコケるかもしれんと思わず覚悟してしまったくらい‥







結局縮こまったままトボトボとゆっくり走り続けたら、コケずに下山できたので、ほっ!


(今日の写真は、別の日に温温とクルマで撮りに行ったよ♪^^)

そして、キャノンボール・アダレイの"Autumn Leaves"を聞きながら投稿です。


このブログの人気の投稿

旅立った人は、どんどん進んでいく。

人がこの世を旅立つということ

夜明け