「伊根の舟屋」にて

霧と紅葉のハイウェイに
福知山で別れを告げたら、
日本海を目指してさらに北上。






相棒トリッカー、初めての京都は
美しいグリーンの海に浮かぶ漁村だった。




今回は兄貴も一緒!




そして、よく視ればもう1人
とっても強そうなに〜やんも。




いいでしょ、ファミリーツーリングだよ♪












いつか自分の両目で見たかった景色に会いに来れた。
家族で、それぞれ好きなオートバイに乗って走って。
曇り一時雨の予報も、超ご機嫌な晴れと交換になった。

こんな日の事を 何て呼べばいいんだろう。
素直に、「素晴らしい日」でいいかな?





このブログの人気の投稿

旅立った人は、どんどん進んでいく。

人がこの世を旅立つということ

夜明け