京丹後巡り

ツーリングからはや2週間が過ぎてしまった。

のんびりと、旅記録の続き再開です。

引き続き丹後半島にて。





田んぼから臨む海。
に〜やん愛用の、表紙の無いツーリングマップルに載っていた景色より
もう少し海側へ進んでみたところ。



後で調べてみたら、この辺りは海の見える棚田で有名な場所らしい。

(今回私はナビゲーション係ではなかったんだけど確かここは
新井という所‥だよね?)

今回見えたのは稲刈りが終わってしまった後の乾いた田んぼだったけど
今度は田植えから刈入れまでの間に行ってみたい。
絶対過綺麗なはず!



細いコンクリート道を下った先は、崖だった!

こんな感じ↓

確認せずにバイクでギリギリまで乗り入れてしまった勇敢なライダー1名。。
身軽なオフ車なので、そんなピンチも難なくクリア。
(でも、真似しないでね‥)


続いて、宇良神社(浦島神社)までの細い山道には猿もいた。








境内に面白い木を発見。

タロウさん、天に向って伸び続けていたけど
そろそろ竜宮城が恋しくなってきたらしい^^


旅は続き‥




左側に見える海沿いのワインディングロード。
道も景色も極上の快走路だった。












(ここで何枚も写真を撮った後に「屏風岩はどこにあるん?」と尋ねるライダーがいた。)







京丹後の締めくくりは海の前のケーキ屋さん。
潮騒とボサノヴァをBGMに
おいしいデザートとコーヒーをいただく。


冬ツーリング仕様に着込んでいたおかげで
海のど真ん前のテラスに座ってもぬくぬくと快適。
贅沢じゃ〜!





時計を見ると、すでに暗くなる前に宿へ到着するのは難しそうな時刻になっていたので
間人から兵庫県豊岡の竹野まで、夕暮れ道を急いだ。

(それにしても間人という地名、「たいざ」って読むんだってね!
「かんじん」かと思ったんやけど‥)


このブログの人気の投稿

旅立った人は、どんどん進んでいく。

人がこの世を旅立つということ

夜明け