スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

1月, 2011の投稿を表示しています

雪山の国で

2年ぶりのスキー。
(日本スキーは、たぶん20年ぶりくらい!)

ゲレンデは冬期オリンピックのロゴマーク付きの白馬村、八方尾根スキー場。





上手な人が多くて、滑りごたえもあり さすがは人気のゲレンデだなと思った。


最も驚いたのは、外国人スキーヤーの多さ! 斜面でもレストハウスでも英語が飛び交い ランチ休憩中辺りを見渡すと、半数か六割くらいの客が外国人っぽい。 ウイスラーへ滑りに来たのかと錯覚してしまいそうだった。




山の上の方は、ばっちり吹雪いてました。




スキースタンド倒れそう‥








ほとんどずっと雪に降られ、楽しみにしていた 雄大な山岳の景色も真っ白な濃い霧の彼方。





本当は、バックに白馬三山が写るはずなんですよ〜 ⇩






一瞬でもいいから晴れてくれんもんかな‥
祈りながら滑っていると、最後の日の午後 雲の切れ目から青空が顔を覗かせた!

かわいい

きみは男の子だけど、リボンも似合うんだね。






性別はさておき、はっきり言って『おリボン』な性格では全くない愛犬。
そんな彼がシャンプー後、リボンを付けて登場してからしばらくは そのギャップが面白可笑しくて笑いが止まらなかった。





でも見慣れた後は、あ〜何て可愛いんだろ!!を連発する自分。

目がハートになる。
あぁやっぱりわたし親ばかや。

ヤギさんの目力

♪コンニチハ♪


可愛いような、ちょっと怖いような‥



(愛犬ブログに以前登場した、とっても優しい子です)








またね。

続・三都半島

この間の投稿で話題に上げておきながら、三都半島・地蔵崎灯台の写真が無かったので
カメラを連れて再訪問してみた。







現在燈台はフェンスに囲まれていて目の前までは行けなくなっています。

そだよ、寒かったけどオートバイで行ってきたんだよ。

現場は覚悟していた以上の強風だったので、早々と海岸の方へ避難。


燈台&展望台から少し下った場所の『釈迦が鼻園地』

トイレと小さなお堂とベンチのある広場と、開放的な海岸が目の前に広がる。

手前の大きな船は、高松港と小豆島の草壁港を繋ぐフェリーです。






すぐ目の前を引っ切りなしに船が通る。





潮位や時間帯の違い?
それとも強風で波が騒いでいたから?

なぜか白浜は、この間とは全く違う顔をして見えた。





絵になる風景の宝庫、三都半島。
道がとても細い場所もあるけど、絶景があなたを待ってます。








寒中見舞い、小豆島より。

雪は降らなかったものの 今日は島でもこの冬一番の寒さだった。
身体には辛い寒気。
でも身体が縮こまるような寒い日にしか会えない こんな晴れ空が私はとても好きです。








三都の白浜

正月、病み上がりの愛犬が爆走した三都半島先端の浜辺。



小豆島を牛のかたちに例えれば前足部分の先っちょに当たる場所。
そこには讃岐百景の肩書きも持つ地蔵崎灯台があって 側の展望台からの眺めはなかなかの物。 晴れた日には鳴門までも見える。

そして眺めるのも良いが走ったり暴れたりも面白いと考える私たちには 下に広い広い海岸がある。ここの浜の事を、私たちは三都の白浜と呼ぶ。





島最南端のビーチからの眺めです。


昔、小豆島で「ツーリングトライアル」という
トライアルバイクのイベントが行われていた頃、
この砂浜にもセクションが作られていた。

我が親父も出場した事があり、その時は3兄弟プラス1犬が乗り込んだ車を
母が運転して追いかけながら応援をした。






近い年代の頃、小学校の遠足でこの海岸へ来てたき火をした。

遠足のハイライトは、たき火で「ホイル焼き」を作る事だった。
しかし、焼き具合の見極めに失敗した私たちのホイル焼きは真っ黒焦げになった!!
わたしらの班だけ男の先生しかおらんかったのが悪いんやという結論にしたんだっけ。

探せば出て来る色んな思い出。


今年の正月のあの日の事も、たくさんの年月が経っても忘れない
懐かしい思い出になるに違いない。



冬の大根祭り

この冬、大根が大豊作だった。






消費が追いつかなくて近所に配ったり、ど〜んと漬け物を作ったり、 お裾分けを持って来てくれた近所のおっちゃんへのお礼も 『畑の大根どれでも好きなん抜いて持って帰って』だったり。

干し野菜ブームの波に乗り 庭では大根葉が冷たい風に吹かれて泳ぎ ベランダには輪切りや細切り大根が並んだ。







今はもうだいぶ数も減ったけど、食卓ではまだまだ大根祭りの最中。
(今回の写真は一ヶ月くらい前のもの)
先日は、大根がヨーグルトのトッピングとしてもデビューをした。
ハチミツ漬けにした大根の角切りが、朝食のヨーグルトに添えられて登場。 思わず「え?何これ!?」と言いそうになったが母が作ってくれた物に文句はありません。
食感はたくあんで、味はハチミツ風味。
朝から笑ってます。

流行るかな、大根ヨーグルト?






ごま粒みたいな種から出てきた小さな苗葉が 一本1キロを超える立派な大根に成長するんだよ。 すごいよね。