一月晴れ



小豆島のような田舎で暮らす者にとって、盆や正月は結構忙しい。

都会で働くみんなと一緒に街の風が舞い込んできて
時間の流れも少し速くなるような気がする。

忙しながら幸せな正月も あっという間に過ぎて
みんなはまた船に乗って街へ帰って行ったので島は軽くなり
そして島時計の鼓動は いつものペースに戻った。









水仙のつぼみも膨らみ始めた一月晴れの日
愛犬も一緒に行って来たのは、土庄町小瀬の重ね岩。

小さな集落と青い瀬戸の海と空の眺めが広がる。


寒くて澄んだ海の青色がとても綺麗で
晴れた空は遠い四国の山並みまで見せてくれた。

その景色だけで充分。他には何も要らない。

小豆島らしい良い場所です。





お昼前後は暖かかったので、一旦帰宅してからバイクにも乗ってきたよ。

今年2回目〜^^


午後は雲や風が出てきて寒かったけどね!








トリッカー、南風台にて。

このブログの人気の投稿

旅立った人は、どんどん進んでいく。

人がこの世を旅立つということ

夜明け