雪の名木山ゲレンデ、また会う日まで






雪と霧のゲレンデ。

寒くて視界の悪い中のスキーは疲れるので頻繁な休憩とおやつが必要。


手前が塩キャラメルケーキで奥がチョコレートケーキ。
(両方味見したけど、食べようと思えば食べれてたけど、一度にケーキ2個食べたんじゃないよ!)



どちらも美味しかったけど、特にチョコケーキは
このケーキ食べれるんなら明日もまた雪でもいいやと思えた。
名木山ゲレンデの麓の喫茶店/レストランの店の名前、何だったっけ‥?
リーブレ?リーブル??




八方スキー記の最終章です。







雲の切れ目は本当にほんのつかの間だった。
カメラを連れてスロープに戻ると、さっきまでの眺めは
淡いモノクロ調に着替えた後だった。

『一瞬だけでも晴れてくれんかな』の願いは、忠実に叶ったのでした。









残念ながら本領発揮に至らなかったが愛カメラ、スキーを体験。

また一緒に滑りに行くかどうかは状況次第。
一眼レフカメラxアルペンスキーは、やっぱりちょっと厄介な組み合わせだと思った。

スキーするからには派手にこけてカメラを破損させてしまうリスクもあるし、
かと言って終始こけない様に慎重に滑るのもつまらんし。
出し入れなどにも時間がかかるから一緒に滑る仲間を待たせてしまうのも心苦しい。

それでも次回白馬の絶景を見られそうな日にゲレンデに来る事ができたなら、
私はきっと愛機を背負って滑るだろうな。

白馬八方尾根スキー場のウェブサイト: http://www.hakuba-happo.or.jp/winter-resort/





夜行バスで行くスキーの旅。
そのスケジュールは少し慌ただしく
スキーと温泉は満喫できたけれど(雪見露天最高!!)
うかつにも信州のそばを食べそびれてしまった!


白馬三山も見残してしまったし、四国からは遠いが
また行きたい理由は沢山ある。


ただし蕎麦を食べ忘れても、地酒は飲み忘れるべからず。
「白馬錦」と「大雪渓」の二酒を制覇した。


たぬさんのとっくりには「大雪渓」
飲んでから大阪へ戻るバスに乗り込んだ。





バスは予定よりも早く走り、まだ真っ暗な大阪の街へ放り出されたのは午前5時代だった。



重たくて大きなザックを背負い、寝ぼけて回らない頭のまま
ひっそりとした都会の道を歩き駅を目指した。










旅の〆は、日生のカキオコ。

私はこれを食べるために、京阪神⇔小豆島間は
日生経由のルートを最もひいきするのだ。



これで通算4軒目、4枚目のカキオコ。
日生港/日生駅近くの『オレンジハウス』にて。
美味しかった。ごちそうさま。








以上、スキー旅行記なのか飲み食い録なのか
よくわからん投稿になっちゃったね^^


このブログの人気の投稿

旅立った人は、どんどん進んでいく。

人がこの世を旅立つということ

夜明け