ある水仙の春時計





ずっと見守ってきたつぼみが開いた。

ほぼ毎朝おはようと声をかけていた可愛い水仙のつぼみが、ついに開いた。










水仙は「雪中花」とも呼ばれる冬の花なのだと最近知った。
ずっと、水仙は春の花だと思ってきたのになー

ちなみに秘密の場所の水仙群は
立春を数日過ぎてやっと、写真の一番乗りが咲いた。
私時計と波長が合う、小さな春の鼓動だ。


(昨日と今日の予想外の積雪で、本当の雪中花になってしまってたけどね。
雪に負けず可愛く咲き続けてるよ!)




このブログの人気の投稿

旅立った人は、どんどん進んでいく。

人がこの世を旅立つということ

夜明け