君との5000キロメートル




昨年4月、走行距離345kmで我が家へやってきた相棒。



今年3月、共に走った距離が5000kmを超えた。









約一年間で5000kmとは立派な数字なのかどうか分からないけれども
重要なのは数字の大きさではなく
その距離を走った事で何がどうなったかということ。














5000キロメートル分の思い出。



それらは色々と、私を変えてくれた。



5000キロメートル分の宝。









道中生まれた思い出たちを大切に抱きしめこれからも走り続けたい。


細くて頼もしい相棒、これからもよろしくね。




(写真は小豆島、蛙子池にて)


このブログの人気の投稿

旅立った人は、どんどん進んでいく。

人がこの世を旅立つということ

夜明け