遥か向こうのまっすぐ前

そろそろ載せとかないと出番を失ってしまいそうなので

トップの写真を桜ヴァージョンに変えたばかりだけど、スキーレポいきます。









先月、新しいマイスキー板を大切に抱きかかえ訪れたのは
岐阜県、高鷲スノーパーク/ダイナランド。


日生港から約400KM。
高速道路のICからアクセスが良く、5時間くらいのドライブだった。









ゲレンデは、スキーヤーよりもスノーボーダーが多かった。












天気も良好!

ピークシーズン中の週末は、きっと混雑するのだろうけど
平日の空いたゲレンデを満喫。贅沢贅沢。






これまでずっとレンタルやお下がりの道具を使ってきた私も
今回ついに自分の板で滑るスキーの楽しさを知ってしまった。

やばいかも‥







HEADひいきの弟に勧められ選んだ『EveryOne』


小回りが利くので斜度が大きくなってもスピードコントロールしやすいから怖くないし
快適な中斜面でスピードを出したい時には惜しみなく飛ばしてくれる。
すっかり惚れてしまった!!









高鷲には幅も広くて快適な中斜面が何通りかあって
どれも気持ちよかったので、殆どこちら側のゲレンデに滞在した。


そしてガンガン滑って、燃料補給。





高鷲スノーパークは、全体的にとてもカラフルなイメージだった。
レストハウスもこんな感じで。







こちらはダイナランドのスロープ。




午後からは斜面がゴリゴリになっていて大変だった。
手前に見える雪の塊みたいなのは、クーラーボックスの氷のように硬かったんだよ!



眺めは最高だったけど!




高鷲側の斜面から向こうの方に見えたのは、木曽御岳(だと信じてるんだけど‥?)




木曽御岳の麓には、昨年オフロードバイクのイベントで出会った
ステキなお姉さま夫婦が暮らしている。

遥か向こうから手を振ってみたけど、届きましたか〜?^^

今年の夏こそは、トリッカーに乗って会いに行きたいな!!






今回載せたのは、全てコンパクトカメラの写真。

滑りを満喫したかったので、重たい一眼レフは持たず
できるだけ身軽にゲレンデへ向って正解だった。


やっぱりアルペンスキーは荷物を気にせず思い切り滑れるのが一番だね!


遥か向こうのまっすぐ前に現れた木曽御岳に語ってみた。

このブログの人気の投稿

旅立った人は、どんどん進んでいく。

人がこの世を旅立つということ

夜明け