終着点、そして続くスタートライン

相棒と私の3度目の冒険は856.9KM。


旅の最後に見たのは、昔々の窓だった。









予想していた以上に色々ぎっしりと詰まった旅になり
帰宅直後は考える事にも動く事にも気合いが必要だったほど疲れていたけど
もう大丈夫。

その疲れはとてもいい疲れだったし、いい旅だった。

一番嬉しいのは、旅に出る前の自分よりも
856.9KMを駆け抜けた後の今の自分の方が好きだと
自信を持って言えること。








旅ログは、ぼちぼちと取り組むことにしよう。


目前の課題は5月22日のマラソン大会!


痛めた足が思う様に回復してくれないことを理由に
トレーニングもさぼりつつ
出場を迷い続けてきたけど、やっと決まった。



初めて大会に参加した昨年、来年もまた出ようと思った一番の理由を呼び戻してみた。


ジョギングやランニングはひとりで行うものだと信じていた私が
マラソン大会というものに参加してみて
(大雨の中!)大勢のランナー達と一緒に走る独特の雰囲気や
(大雨の中!!)道端で声援や拍手を送ってくれた人達に感動したんだった。




去年よりも早く走れなくていい。

無理はしなくていい。

難しく考えなくていい。


今年は、大会の雰囲気を楽しむために出場しよう。












そんな訳で、本日からなんちゃってアスリートモードに切り替え。

アルコール&コーヒーとはしばらくの間お別れだ。




大丈夫。
決まれば、後はやるだけだよ。


このブログの人気の投稿

旅立った人は、どんどん進んでいく。

人がこの世を旅立つということ

夜明け