よし、行くぞ。







旅立つ2日前に、例の「木のキャリー」を取り付けてもらい
前日には空っぽのツーリングバッグを持ち出して積載の予行演習をした。





Rough&Roadの大きなバッグをトリッカーに取り付け
相棒と2人きりで出発するのは9ヶ月か10ヶ月ぶりくらいか。




小さくてフックの数も少ないトリッカーさんの純正リアキャリーに
RR6000サイズ(50~65L)のバッグは明らかにオーバーサイズなので
「木のキャリー」でグレードアップした後でも
この大きなバッグの取り付けは一筋縄ではいかない。







抱えてきた籠の中には、バッグ取り付け用の色んな紐やバックルや
輪っかやフックなどが沢山詰め込まれている。







使うのは、確かこれとこれとこれだったよね‥?
あれ?何処へひっかけるんだっけ‥?
何かおかしいんじゃ‥?





パズルを組み合わせるように、あーでもないこうでもないとやっているうちに
自分が少しずつ『旅人モード』に切り替わってくるのを感じる。




久々の一人旅への不安や取り越し苦労が流れていき
『出てみればどうにかなる』的な思考が全身に染み渡ってくる。





おいおい、ほんまにこんなんで大丈夫かな?





そんな状態でも、いざ走り出せば大抵のことはなんとかなってしまうし
それがバイクツーリングの不思議そして魅力なのだと再確認して
1人うなずく。





小さなバイクには大きすぎる荷物を強引に載せて
方向音痴の初心者が跨がって旅に出る!



なかなか面白い事をやろうとしている自分が愉快に思えて
やる気と自信が湧いてくる。






もう30年を超える付き合いの中で
様々な顔や心を持つ自分自身と対面してきたけど
今まで出会った中で一番好きな私が戻ってきた。


道に迷ったら、探している道が見つかるまで迷い続ければいい。
こけたら、起き上がれ。

そして再び走り続けよう。



よし、行くぞ。












(出発の日、小豆島→高松の船の中で綴った文章をもとに)






こちらは、予行演習に渋々付き合い中、かなり不機嫌な彼。

このブログの人気の投稿

旅立った人は、どんどん進んでいく。

人がこの世を旅立つということ

夜明け