やっぱり雨だったけれど。


やってきた2011年5月22日、第34回オリーブマラソン 大会の日。
今年もみごとな大雨降った!
でも我ら10kmレース集団のスタート後まもなく雨は上がり
去年ほどはずぶ濡れにならずに走れた。
結果は去年よりも4分遅れ、1時間5分かけて完走。
10kmを走りきれたし、足も無事だった!!

トレーニング中の自分の走りや
すぐに悲鳴をあげていた膝や足首の事を思うと
奇跡のような結果なんだけど、とにかく完走できて嬉しかった。
無理の無いようにと、ずっと自分自身にかけていた
ブレーキを解除してやったのも良かったのかもしれない。





やると決めたからには、何が何でも絶対に上手くやってやる。
5月4日に大会参加の再決意をしてからの日々を、この思いと共に過ごしてきた。
頑固やとか頑張り過ぎやなどと忠告されたりするのが嫌だから
自分以外の誰にも言わずに。

でももちろん、自分ひとりの力で出せた結果だとは思っていない。
早朝ランニングの時に愛犬の散歩を快く引き受けてくれた家族。
遊びたいのを我慢して側で筋トレやストレッチの邪魔監視をしてくれた愛犬。


こちらが自慢の愛犬です⇩
(食い渋り中‥)


コース脇で応援してくれた母とおばあちゃん。
日本と香港とカナダからの嬉しい応援メールや電話。
酒飲みランナーのブログを見て秘かに応援してくれていた貴方。



そして人が目的を持ち強く願い動く時、目に見えない存在が力を貸してくれる。
何度か聞いた事のある話だが、今回それを実感できた。

みんなの優しさのおかげで私は頑張れたよ。ありがとう。









思いを結果に繋ぐ。
強く願えば叶う。

I did it!


このブログの人気の投稿

旅立った人は、どんどん進んでいく。

人がこの世を旅立つということ

夜明け