根拠無き自信をくれた靴


先日の大会で、無事に10キロを走れた最大の理由は靴にある。
色々あって私は仕方なく、2年数ヶ月も履き倒した古いシューズで
レースに参加することにしていた。






ところが大会前日の土曜日に、私は突然新しい相棒に出会った。



GT-2150 


土曜日の午後に坂手港へゼッケンと参加賞を貰いに行った時
ランニング用品の出店があったので、膝に貼るテーピングは置いてるだろうかと見ていたら
奥の方にあの古いシューズにそっくりな靴が特価で売り出されていたのだ。




店のお兄さんに相談して、この靴が自分の走るスタイルに適している事を確認してから
試し履きをした数分後、私はその赤と白のシューズと、膝のテーピングと
サービスして貰った栄養補給ゼリーが入った袋を提げて歩いていた。
島に専門店が無いと困っていたら、島に専門店がやってきてくれた!
これは絶対買うしかなかったんだよ‥ 
頭の中で衝動買いの言い訳を色々考えながら(笑

家に帰り古いシューズと新しいのとを比べてみた。







まず、古い方のソールの擦り減り具合に唖然‥!




新しいのと古いのが同じGTというモデルなのかどうか確かめたかったが
文字やロゴマークみたいなのも擦り減ったり消えかけたりしていてよく見えない‥
(後で何とか記号を見つけ、GT-2140らしい)

そうしているうちに、今日買った靴でいきなり明日の10kmに出るのは
さすがに無謀過ぎるだろうという考えが揺らいできた。







この新しいので行くしかないのかもしれない!


夕方の犬散歩に新しいシューズを履いて行き、30〜40分歩いてみたところ
特に違和感は感じなかった。
(大会前日は走らないと決めていたので、走らず)



『大丈夫だ。きっと何とかなる』
どこからか、根拠の無い自信が湧いてきた。







まだ少し残る不安を抑えつつ、私はその根拠無き自信に従ってみることにした。







膝を痛めてしまったあの3月5日の9kmランを除き、今年の春は最長でも6kmしか走れていない私にとって
走りきれるかどうか分からない10kmの距離を初めて下ろすシューズで挑む事には、それなりに勇気が必要だった。)












そして雨スタートの10キロレースが、新しい相棒と私との記念すべき初走りになった。

頼もしい相棒は、私をゴールまで走り続けさせてくれた。

最後の1kmは思い切り地面を蹴って、全力で。


最高の気分だった。



バンクーバーで出会い、色んな場所を旅して歩いたり走ったりした
思い出のシューズは晴れて隠居の身に




本当にお疲れさま。
ここまで私を連れてきてくれて、ありがとう!










こちらは今年一月に買ったシューズ。
残念ながら足に合わないのか、あまり走れなかった 。
(1個人の足の感想です)
ウォーキングでは何も問題無く快適なので、愛犬との散歩時に履いている。






それにしても、ランニングシューズとかトレッキングブーツとか、
アクティブ系な靴ばかりが増えていって下駄箱を占領している!

私も一応は女だから、たまには可愛い女子靴も履きたいんだけどねぇ‥







あれからジョギングはまだ一回だけ。

雨が止んだら、また走りに行こう。

赤と白の靴ひもをしっかり結んで。

楽しみ。


このブログの人気の投稿

旅立った人は、どんどん進んでいく。

人がこの世を旅立つということ

夜明け