親父論と親父お気に入りの写真

昨年12月頃に撮った、親父お気に入りの写真がある。
その一枚には、庭で愛車のシェルパに跨がり前に愛犬を乗せ
ご機嫌そうな父が写っている。
愛犬のチョコも珍しく凛々しいカメラ目線。

「この写真どう?」

見せると父はとても嬉しそうな顔をして
「これワシの最後の写真にしたらえいと思うわ」
(要するに、「遺影」ね‥) と言った。
写真の中の親父は恐らく10年くらい愛用し続けている
ユニクロの緑色のフリースを着て、履物はスリッパ。
自分で自分の遺影の話をするのも、いかにも父らしい。


思い残す事もこれ以上欲しい物も、特にこれと言って無いし
もういつ死んでも後悔は無い。
死ぬ事に対して何の恐怖心も持ってないし
死んだ後の世界が楽しみなんや。

時々聞かされるこの親父論は、いつも穏やかに
そして少し楽しそうに語られる。

若い頃から興味のある事やりたい事は出来る限り実行探究し
死んだら終わりとか、死ぬのは悲しい苦しいなどの概念を
信じぬ彼だからこその理論なのだろう。




父がそう言うのだから、彼がこの世を旅立つ日が来た時
私自身も後悔の無いように現在の日々を過ごしたいと
改めて思った2011年父の日。






こちらは、私的にお気に入りの親父写真。


「耕耘機ファッションで息子の愛車に跨がるおやじ」



そして、日帰り旅行で高知へ行ってきた父のお土産。
私の(いえ、私たち兄弟の)酒飲みは遺伝なのです。





ありがとう、どれも美味しかった!


このブログの人気の投稿

旅立った人は、どんどん進んでいく。

人がこの世を旅立つということ

夜明け