昨年夏の思い出:失敗ハンドルバー

これ何か分かる?


仏頂面くん:『分からんし知らんし、何にも面白くなさそう‥』


昨年の8月。

トリッカーのハンドルは少し長過ぎるんと違うかと言われ、
試しに交換してみたけれども何もかもが気に入らず
あっという間にガレージの肥やし?になってしまったのが
写真のハンドルバー。
名付けて「かわいそうなハンドルバー」


対応車種リストの中にトリッカーの名前が書いてあって
丁度セールになっていたので通販で買ってみたんだけど
紛れもない失敗だった。





新しいのに交換直後


かなりイメージが変わった。



そして乗り心地も劇的に変わってしまい
トリッカーがトリッカーでなくなってしまったような気がした。

それが良い変化なのか良くない変化なのか、すぐには何とも言えず
何より、面倒な作業の後に「これやっぱり好きじゃないかも‥」
などと言う勇気が無かった。
とりあえずシートに座り写真を撮って気を紛らわせてみたり。。







せっかく買って苦労して交換したのだし
もしかしたら慣れの問題かもしれないと思い、
しばらく我慢して乗ってみた。

しかし少し走っただけで両手のひらが痺れてきたり、肘や手首が痛くなったり。
私がそのハンドルに適した乗り方ができなかっただけなのかもしれないが
どちらにしろ、だんだん乗るのが楽しくなくなってきたので
 一ヶ月くらい後には元のハンドルに戻してもらった。






このカクっとした角度が一番すかんかった!
弟におこられた。
これはオフロード系バイクのハンドルじゃないと。。




残念な失敗ハンドルバー。

何となく筋トレ用の道具っぽくも見えるので
工夫してトレーニングにでも使おうかな〜
なんて言ってみたものの、もちろん一度も使っていない。


あれから一年になる。

いつか書こうと思っている間に、一年が過ぎてしまっていた!



右と左で違うトリッカーのグリップの秘密です。



左右のミスマッチは、意識して見ているとだいぶ気になる。
けど乗っている時には殆ど忘れている。


理想を言えば、アクセル側のグレーのやつを取り除いて
もう少し柔らかいのに変えて色も揃えたいと思う。

でも、接着剤を付けて馬鹿力で押し込まないといけなかった
あの大変なグリップ交換作業を思い出す度
(私は手伝っただけやけど)
やっぱりこのままでいい事にする。


ハンドルグリップの装着って、あれほどにまで力を要するものなのでしょうか?
それとも私が選んだグリップとハンドルバーの相性が特に悪かったのだろうか‥


今となればいい思い出だけどね。




もしまた愛車のカスタマイズをやってみる事があれば
ひとりで選んだり決めたりは、私はもうしません。。












明日は8月最後の日。

やらなきゃいけないこと、
やっておきたいこと。
たくさんある!




みなさんの8月31日も、素敵な日になりますように。






このブログの人気の投稿

旅立った人は、どんどん進んでいく。

人がこの世を旅立つということ

夜明け