医者要らずをつけてもらった

畑に自生しているアロエを
霜焼けでひび割れた指につけてもらった。



手を洗えんようになった‥








パンパンになっていた手の腫れは治まったよ。

そして目出たく指も自然に曲げられるようになったけど
その代わりひび割れは
びらんとか潰瘍に近いかもしれない状態にまで進行済(涙)




昨夜、左右で合計3本の指に
アロエの果肉を巻き付けて寝てみたら
なかなか良かった。




今以上に薬の種類を増やすのは嫌やもん。
植物の有難い力を借りてみましょう。




プロポリス入りの軟膏や
蜜蝋クリームも愛用中。





右の瓶の、蜜蝋クリームは手作りです。
蜜蝋と小豆島のオリーブオイルと
幸せな香り、ネロリのエッセンシャルオイル入り。
保湿力も優秀だし香りがすごく癒してくれる。


今の両手と最近の気温のコンビネーションでは
さすがにオートバイには乗れません。

手や身体を冷やさないその他の気分転換や
ストレス解消術と仲良くしながら
修行の冬を頑張って乗り切らないと。

でも春は間違いなく近づいてるよ。
鳥たちの声が、違ってきているもん。
晴れた日の空の明るさもね。




コメント

このブログの人気の投稿

旅立った人は、どんどん進んでいく。

人がこの世を旅立つということ

夜明け