大切な顔



この顔に毎日どれだけの元気と愛をもらっていることか。

暗闇のような日々を過ごした時期には
何度この顔に救われ、そして守ってもらったか。


日々が平和であればあるほど
その平和な日常や
キミがいつも側に居てくれることが
当たり前に思いながら
時間が流れていってしまう。


違う違う。

キミと一緒に過ごせる時間は
優しいかみさまからの贈り物で
いつかその時が来れば
キミはまたかみさまの元へ旅立っていく。
きっと、いや、間違い無く
わたしよりも先に。


力強くて、そして
やわらかな春の温もりを感じさせる風が
とても心地よかった午後。

松ぼっくりを使って撮った一枚の写真が
忘れてはいけない大切なことを
また気付かせてくれた。








キミと一緒に見た景色。






一緒に浴びた光、感じた春風。






にらみ合った松かさ。。






一緒に歩いた道。






全部わたしの宝物だよ。








いつもありがとう。


大切な大切なキミと


優しい春風。


0 件のコメント:

お賽銭よりも他人への奉仕を

初詣で参拝者が長蛇の列を作っているのを見て 行列に並んでいるほとんどの人が、きっと当たり前のように 自分や自分の大切な人の幸せな一年をお願いしているのだろうと想像し、 初詣参拝者が皆、自分の願い事だけでなく 世界平和を自分の願い事と同じだけ思いを込めて願ってくれるよう...