命からがら?検査を乗り越え


検査から帰還しました。

体調が良いとは言えない時のハードな検査は
想像していた以上に大変で、死ぬほど苦しかった〜


母が付き添ってくれていたおかげで何とか午後7時半頃に帰宅
手を洗う余裕も無く居間のこたつにヨロヨロと倒れ込みました。

腕足がしびれて、激しい頭痛、吐き気、熱もあり
頭を動かすと吐き気が酷くなり、そして
寝返りを打つ度に嘔吐してしまうので
そのまま明け方近くまで金縛り状態で過ごしました。



愛犬が心配そうにずっと側で寄り添ってくれました。


どんなに酔っぱらっていても疲れていても
歯磨きと洗顔だけはしてから寝る人だったのになぁ。。
ほんとに動けなかった(涙)




鎮痛剤の副作用だったのでしょう。

前回までは平気だったのに、今回は
体調が悪かったせいなのか大当たり。
やられまくりました。


例の下剤にも今まで以上に苦しめられ、
病院へ着いた頃には既にかなり消耗した状態で。


やはり検査自体よりも検査の前後が何十倍もしんどかったです。




翌朝、母が炊いてくれたお粥が36時間ぶりの食事。
ゆっくりだけど美味しく食べられたし
お昼も3時のおやつも食べられた。

熱はまだ残っていたので
寝たり起きたりして一日を過ごしました。


検査結果ですが、恐れていた通り
ばっちり炎症が再燃していました。
下行結腸から直腸まで、腸の左半分。

ステロイド依存性潰瘍性大腸炎の疑いがほぼ確定され
次の治療を受けるため、来週再入院です。

心配をおかけしてごめんなさい。


がんばります。









数日前の写真。

ネギの坊主頭?を探検中の小さな虫。
かわいかった♪

昨日見ると、ハーブ畑のひょろひょろバジル君が
小さな白い花を咲かせていました。

ラベンダーも、今にも咲きそうな莟がひとつ。
ほかにも莟がたくさん。


また写真も撮ってみます。






コメント

このブログの人気の投稿

旅立った人は、どんどん進んでいく。

人がこの世を旅立つということ

夜明け