スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

9月, 2012の投稿を表示しています

緑のかたち、三者三様

裏の畑のバジル3人組。
それぞれ、葉っぱの形が個性的。



奥の子は、細長くて緑色も一番濃い。



真ん中の子は、ティアードロップ型。


手前の一番大株の子は ころんと丸っこく可愛らしい葉っぱが多い。


夏の暑さを乗り越えて 3人ともかなりバテていたけど バシバシっと刈り込んで追肥してみたら また元気な葉がいっぱい復活してくれた。




昨日は沢山収穫して ドライバジル用に干したり 生バジルをどっさり入れたトマトソースも作った。 バジルの葉を浸けた、バジルオリーブオイルを使って。
バジルバジルで手作り。

何だかとても幸せだ。





そして先日は、バジルの子供を植えた。




剪定した枝に根っこが出たのを鉢に挿してみたら ぐんぐん成長して可愛い苗になりました。


9月5日。

9月8日。 
9月10日。 

9月13日。 



そして畑へ帰りました。




親株たちの側に、チビ5株。
親株のバジルたちが 何だかとても誇らしく見えるのは私だけ?








今年5月に初めて植えたバジルの苗たちを思い出した。

あの時にも、彼らの爽やかなグリーンがとても愛おしくて 沢山写真を撮ったっけ。

今植えて、寒くなるまでにどこまで成長できるだろう。
バジルの成育気温は13℃くらいまでらしい。


虹色の朝

早寝できていないのに 目覚めの早い朝。


東の空の写真を撮っていて ふと振り向くと 西の空に虹が2本!









早朝のダブルレインボーを眺めていると オスカー・ピーターソン・トリオの "Days of Wine and Roses" (酒とバラの日々)が 頭の中に流れてきたので 聴きながらブログを書きました。

湿った空気が入ってきたサインのひとつなのかもしれないけど ともあれ綺麗なのを魅せてもらってご機嫌な朝。
ありがとうありがとう。


同じ虹を見た人は何人くらいかなぁ。







東の空はこんな感じだった。

順番は逆です。




9月前半のまとめ

9月が始まったと思ったら 早くも後半に突入!





お勉強やらハーブ栽培やらで パソコンの前で過ごす時間が すっかり少なくなってしまった。
パソコンを一度も開かない日もちらほら。


お腹の具合は良くはないけど 日常生活に支障がでるほどではなく。
できることを無理のないようにこなしながら 元気に過ごしています。




相変わらず植物を愛でながら 記録も兼ねて写真は撮り続けている。




ケイトウの花が可愛いです、きれいです。





メキシカン・セージの花も咲いた。



ベルベットのような質感の花が素敵。
しかし株は蟻や変な白い虫の寄生が凄い。
薬を使ってみたいが、側にお茶や料理などに使う
ハーブ達もいるので、なかなか踏み切れずにいる。


赤シソも、ようやく初収穫!


ジュースも作りました。




ある日の豪華なフレッシュハーブティー。
色々ミントに、レモングラス&レモンバーム。



ハーブ園スイカは、お猿が半分持って行ってしまった。

たぶん美味しかったら全部持って行ったはずなので 残してくれていた半分は、蟻たちへプレゼント。




そして、お山から暖かく美味しいお便りが届きました!




御岳山の風を浴びて育った スイートコーンとトマト。

これまで出会った中で一番 太くて立派で甘いトウモロコシに

hello, beautiful green eyes!

美しい緑色の目をした カマキリに出会いました。






あなたの目、本当に 何て綺麗なんでしょ。



見とれてしまった。





サルビア・インディゴスパイア(ラベンダーセージ)の森にて。





そういえば、去年の夏の終わり頃にも ベランダにやってきたカマキリの写真を撮った。
あの子は目が赤っぽかったっけ。
カメラ目線カマキリ