柚子さんのパン


先日、柚子酵母のパン(初代)を作りました。


一日目は材料を揃えて捏ねる。



そして箱の中で一次発酵しながら
一昼夜を過ごしてもらい








二日目に二次発酵〜焼き上げ。




光のイニシャル『Y』が現れる(!)



天然酵母は発酵に時間がかかるが
発酵の温度を調節しながら
作業のタイミングをコントロールできることが分かった。

要するに、こちらの都合に合わせて休み休み取り組める。

今のわたしにぴったりや。



一次発酵中、寒くないように箱の上にこたつ布団を着せておく。


すると昼寝好きの番犬が登場。




柚子さんを外敵?からしっかり守ってくれます。




『ガード役ばっちり頑張ったので
試食よろしく。』




オーブン入り準備完了。



柚子酵母のパン種は、酒粕の種に比べると
ものすごく弾力と粘り気が強くて驚いた。

これはこれは、もっちり食感のパンに
仕上がりそうだなぁ〜の直感、当たり。

しかも翌日の夕方になっても中身はまだしっとりと柔らかく
トーストしても、しなくても美味しく食べれた。










今回の生地に込められた柚子酵母は
母の実家が建っていた場所に実った
柚子の実から生まれました。


家を解体して片付けた後に祖父が、
柚子を含むいくつかの木を植えたそうだ。


母が生まれ育った場所に、おじいちゃんが植えた木。

そこから生まれたパンは
とても特別なものに思えた。







焼き上がったのは午後9時。


夕食の片付けも終わり
食べたばかりだし晩の9時だけど
パンが焼けたら味見は必須でしょ!

意見の一致具合が見事な母と娘、
そして父と一緒にこたつ布団でウトウトしていた
チョコやんも加わり、3人でプチ試食会。


『運命の金曜日』を翌日に控えたその日は
午後から緊張気味だったが
パンが焼けたら明日の朝が少し楽しみになった。



翌日。





早起きして、しっかりパンを食べてから
念のため最低限の入院グッズを
詰め込んだ鞄を担ぎ船に乗った。




願い叶って無事に帰宅した後にも
またパンを食べた。



たくさんのありがとうを
こころの中で繰り返しながら。




コメント

ぴとみ さんのコメント…
いいふくらみです!特別な酵母さんは優秀で、そしてなによりMiyaちゃんとばっちり気が合ったのでしょう。おいしそう♪
Miya さんの投稿…
ぴとみさん☆
いい膨らみになっていますか?
ありがとうございます!!

大切な柚子酵母さんの中種、昨夜継ぎ足しをしたところ
容器の蓋に届きそうなほど元気なぷくぷくになりました。
また作らなきゃー♪

このブログの人気の投稿

旅立った人は、どんどん進んでいく。

人がこの世を旅立つということ

夜明け