酒粕酵母くんとの3泊4日

瀬戸内でも寒い寒い日が続く1月の終盤
3泊4日かけて焼き上がった
酒粕酵母パンの物語です。



一次発酵入り。

『 あなたのためのお部屋を用意しました。
しばらくこちらで寛ぎながら膨らんでください。
寒い場合に備え、こたつ布団や湯たんぽも用意しております。』





久しぶりの酒粕酵母くんのパン生地は
とてもとてもなめらかでやわらかくて心地よかった。
作業する私の心まで柔らかく優しい気持ちにしてくれた。


勝手に「酒粕酵母くん」と呼んでいるが
「美人さん」の方が適した呼び名かもしれない。



一次発酵、一昼夜後の様子。




何となくの直感で、あともう少し大きくなって欲しいと思い






しかし、時間的な要因から
次に様子を伺うことができたのは
その翌朝。


でかっ!!





ガス抜きと休憩。




2等分して形成後、二次発酵に入る。


一つが400グラム近くありました。






それから約21時間後。




オーブン入り前の移動中にアクシデントがあり
右の子が平べったく変形してしまったが
味や食感は無事だった。







日曜の朝7時頃に焼き上がり。



酒粕酵母パン5代目との
3泊4日の旅路。








行き先は、念願の焼きたてパンの朝食でした。

大切な家族に焼きたてを食べてもらえる喜びでした。







酵母くんありがとう。

2 件のコメント:

ぴとみ さんのコメント...

またも美しい仕上がり!お見事です。
これだけの生地をこねるには力が要るでしょう?パンで筋トレですね。
春が訪れる頃には二の腕がムキムキ、パン女子ばんざーい!

Miya さんのコメント...

ぴとみさん、ありがとうございます。
パン女子ばんざーい!!!

近頃は捏ねるとき、膝と腰を落として両手の手根に体重を乗せて
ぐいぐい押し広げるようにやっています。
アロマトリートメントで学んだスキルをパンにもちゃっかり活用^^

騒音や、振動でテーブルの上の物が床に飛び降りてしまう事件も無くなり
しかも疲れにくく、良いことだらけです。

パン仕込みの引き締まったかっこいい腕を目指します。
パン女子ばんざーい!



裏山に咲く

山の中に水仙が群生している。 ほとんど人が通らない場所なので、多分誰もこの美しい花たちを見ていない。 だからなのか花の精たち、とても伸び伸びとしていて陽気。 自然の中をひとり歩く。 植物の声を聴く。 とても大切なこと。