芸術祭観賞、坂手港周辺





小豆島町坂手地区の話題の作品を見てきました。





ビートたけしさん、ヤノベケンジさんの作品
『ANGER from the Bottom』

1時間に一度、井戸から現れて
がお〜と口から水を吐き出す怪獣。





面白いことは面白いけど
芸術品というよりは
遊園地とかお化け屋敷などのイメージかもね。

何を表現していると感じたかと聞かれると
男子校的な遊び心、というところか。






側には小さな神社がありました。











港にあるもうひとつの作品。





スパイクを付けたボールの上に怪獣が乗っかって
回転している。


ヤノベケンジさん、『ザ スター アンガー』という作品名。











「怒り」の2作品とも、島のゆるやかな空気やのどかな風景に
素晴らしくミスマッチしていると思うが
彼らは普段島内では感じることの無い
明るく新しい活気を連れてきてくれた。

それはこの島の住民として、とても嬉しく思う。






「ようこそ、小豆島へ」の建物の壁にも
強そうな怪獣が沢山描かれています。

コメント

Toshi さんのコメント…
小豆島に怪獣ってあわないよーと思いながら
小学生の時にはじめて小豆島に行ったときのことを思い出しました
岡山を出航したフェリーが小豆島にちかづくにつれ、私はワクワクしはじめました、
なんじゃあのゴツゴツしたて山のある島は きーーっとゴジラみたいな怪獣がいるに違いないと思いました
しかし島にはゴジラはおらず 優しい人たちと美しい風景がたくさんありました。
また近いうちに 遊びに行こうっと(笑)
Miya さんの投稿…
あれ、ゴジラおらんかったですかー?
わたしは見かけたことがありますよ(←ウソです(笑))

島の山並みから、わたしは緩やかで穏やかな印象を受けます。
たとえゴツゴツしていても、トゲトゲしさを感じさせられません。
この島は癒し系の島だと信じ込んでいるからでしょうか。


ぜひまた遊びにきてくださいね。
フレンドリーな怪獣を探しに行きましょう〜^^

このブログの人気の投稿

旅立った人は、どんどん進んでいく。

人がこの世を旅立つということ

夜明け