6回目の検査を終えて




6回目の大腸カメラ検査も
それはそれは大変でした。


大変だったけど後から振り返れば
オモロい要素もいっぱい含まれているので
機会があれば、6回目大腸カメラ検査記も
書いてみたいと思う。






さて、検査の結果。

緊急入院を要するレベルではないものの
入院治療が必要な中等症の炎症が見られた。

今月に入ってから少しずつ症状が現れ
中旬ごろには血便が一日に7回とか9回とか
結構苦しんでいたので、まあ予想通りの結果だった。

検査を終えて入院の予定を決めたら微熱も始まり
下血の勢いも良くなって
蛇口を開けたようにジャーっと出たりする。

女性だし、この病気との付き合いも間もなく2年になるので
トイレで血を見るのにはかなり慣れているが
それでもびっくりしてしまう。


昨年6月に退院後、症状の悪化は夏の後半と
年末年始と、今回の春。

その度ステロイド注腸や抗生剤などで
抑え込んで何とか乗り切って逃げ切ってきたが
ついにゲームオーバーの時が来た。







心配しないでね。

病院でしっかり治してもらったら
わたしはまた歩き始めます。


それでは、行ってきます。







写真は、矢車草と
チューリップ。



かわいいでしょ?








このブログの人気の投稿

旅立った人は、どんどん進んでいく。

人がこの世を旅立つということ

夜明け