スキップしてメイン コンテンツに移動

4年目のYes!!

このブログを始めて4年になった。



先日、昨年の手帳をめくっていたときに
農ブログが今月で一周年になることに気付き
そういえば、こっちのブログを始めたのは何時だったかな?
探ってみたところ、こちらも4月スタートだった。


最初の更新は、バンクーバーの桜の写真。


デジタル一眼レフカメラを持ち歩き始めた頃。
ジョギング帰りに見かけた
家の近くの桜の写真を撮ってみると
期待していた以上に綺麗に撮れて
嬉しくて思わずYes!!と言ったのが始まり。



あれから4年経ったのか。



70年も生きれば十分立派な長生きだと思うので
70年のうちの4年間は、長い期間ではないと思う。


でも私の4年間は色んなことが沢山ありすぎて
あれから10年くらい経過したように思えてならない。

逆に、10年前の自分の写真を見つけて当時を思い出していると
それらが4、5年くらい前の事のような気がしてしまう。


これからも自由であれ
時間の感覚さえも。




4年前の自分と今の自分について思いを巡らせていると
書きたくなってくることが次々と浮かんでくるが
それらはいつかまた機会があれば。




とりあえず、4年目の私のYes!!はこんな感じ。








キンセンカの花が咲き始めた。



ジャーマンカモミールも、今年は花が沢山咲きそう。





(昨年は竹とアリの巣と雑草に負けてしまい
花は見られなかった)







久々の粒あん&おはぎ作り。
沢山の美味しいとありがとうを貰えて嬉しかった。





レモングラスが生きていた!




レモンバーベナも生きていた!





どちらも鉢上げもできず、霜よけネットもかけてあげれず
寒さで死んでしまっても仕方がないと覚悟していたの。


わたしの目先のチャレンジのひとつは、レモングラスの株分け。
ぎっしり詰まった洗面器サイズの大株を
どうやって株分けすれば良いのだろうか?




冬の寒さで上の葉や茎が全て枯れてしまったレモンバームも復活!



見に行く度に茂みが大きくなっている。

しかも、葉っぱが巨大。




以前登場した「復活レモンバーム」も元気。






そして、予定よりも早く
先月の試験結果通知が届いた。
見たかった『合格』の文字と
登録手数料の払い込み用紙と共に(笑)

応援とお祈りをありがとう!!
次の試験も頑張ります。


どうかどうか、体調とお腹が
理解と協力してくれますように。







Yes!!は、肯定のYesだけでなく
『やったー』『よっしゃ〜!』『よし!』『わ〜い♪』
などの意味合いの、喜びの表現でもあります。





コメント

ココナッツゼラニウム(多数) さんのコメント…
合格おめでとうございます。

うちのハーブも増殖中ですよ。
Toshi さんの投稿…
おめでとう
努力が報われましたね
今年もハーブのお世話がたいへんですね 体調管理も気をつけて
おはぎとってもおいしそうです
5月5-6日でたかちゃんと京都に行くのですが、今回のターゲットはこのお店です
小多福
http://tabelog.com/kyoto/A2603/A260301/26016338/

今日は時間をやりくりして午後からショートツーリングしてきます
行き先は岡山市北区建部町
http://www10.oninet.ne.jp/t-kosya1/onsenkaikan.htm
Miya さんの投稿…
ありがとうございます!!
ひとつ目突破できました。

ハーブ達は元気に冬越しましたか?良かったです。
ココナッツゼラニウムの耐寒性には驚きました。
葉っぱ全然枯れんかったの!




Miya さんの投稿…
いつも応援をありがとうございます!!
ハーブの世話は大変ですが、彼らから沢山元気をもらっています。
小多福さんは、おはぎのお店ですね!
何てカラフルで可愛らしいんでしょ♪♪
わたしも負けてられませんね(←冗談です。でもわたしもまた作ります。)

本日の目的地も感じのよさそうな温泉ですね。
いいないいなぁ。



Toshi さんの投稿…
おはぎ屋さんという存在があるのがびっくりしますね さすが京都

Miyaさんも温泉好きですか?
日本人の長寿はお風呂に入って体を暖めるのも原因のひとつだときいたことがあります
体を暖めてどんどん免疫力を上げましょう
たかちゃんも温泉が大好きなので時々一緒に近所の温泉に出かけます
ドクターフィッシュがいたり おいしいレストランがあります
後楽温泉ほのかの湯
http://www.honokanoyu.jp/
Mocha Lovery さんの投稿…
Miyaさん
お久しぶりです。香港生活も三年目になりました。
久しぶりにこのブログを見ることができて、嬉しいです。元気そうで何より!!
わたしもがんばらなきゃね☆
ゆかりんご。
Miya さんの投稿…
ゆかりんご。ちゃん!

お久しぶり!
香港で頑張ってるゆかりんごちゃんの存在は、いつもわたしの励みになっています。
わたしも気持ちはすごく元気なんだけど、身体がまた悪くなってしまって
実は今日入院です^^v☆
絶妙なタイミングでのコメント、ありがとうね。
また会って写真を沢山見せてもらうのを楽しみにしてるねー。


Miya さんの投稿…
Toshiさん

もちろん温泉大好きですよ〜
熱いお湯や長湯はダメだそうですが
退院して元気になったら温泉行きたい!

いつも楽しそうな情報を沢山紹介してくださり
ありがとうございます。
Mocha Lovery さんの投稿…
Miyaさん
早速お返事ありがとう(^^)わたしは、逆で、身体は元気だけど、気持ちがね‥なかなかついてかなくて、でもなんとかがんばってるよ☆
また入院なんて‥
こんなときにそばに居られないのがすごくさみしいよ‥(ーー;)香港からパワーを送るからね(≧∇≦)
島の写真を見ると、ああ、帰りたい!って思うよ。四月からは島から新しく来られた方もいるんだよ!これも何かの縁だよね〜。ビックリです。
また、ゆっくりお話しようね。夏休みには帰るよ☆ゆかりんご。
Miya さんの投稿…
ゆかりんご。ちゃん

メッセージありがとう☆
入院中放置でごめんね!
目に見える見えない両方の沢山の優しさに包まれて
順調な入院生活でした。
遠くからのお祈り、本当にありがとう!!

しばらくは、拠点を家に移しての治療が続くんだけど
島の優しい空気に癒されながら前向きにやっていきます。

小豆島からの新しい方のお話、聞いたよぉ。
もちろんおばあちゃん経由で(笑)
すごいご縁だね!

夏休みに会えるの楽しみに待ってるよー
癒しのアロマ女子会しましょ^^♪

今度は島からわたしがパワーを送ります☆

このブログの人気の投稿

旅立った人は、どんどん進んでいく。

気持ちの良い青空の季節になった。
朝晩は寒くなり、そして家の中の寒さ対策、そろそろどうにかせねば‥

近づく紅葉が楽しみです。






先日の夜、実家の両親と
祖母のささやかなメモリアルを行った。

祖母が旅立って3年が経った。
実感的には、5年とか7年くらい経ったような気がする。
祖母にたずねてみた。
この世を旅立った人にとって、3年とはどんな感覚ですか?

あちらでは時間の感覚がだいぶ異なるのだと思う。
祖母は、私たちよりも10年とか20年くらいは先を行っているような気がした。
もっともっと先かもしれない。
こちらで「生きていた」ときの祖母とは、かなりの別人というか別人種というか、
言葉では上手く説明できないが意識の部類、種類が別物なのだ。
でも、愛で繋がっているから祖母だとすぐに分かる。

「死んだ」人は、死んだときのまま時が止まってしまうのではない。
全くない。
旅立った人は、どんどん進んでいく。

今回、このことを改めて強く感じた。

私は声に出して話したわけではないのに
隣にいた父親が全く同じようなことを言ったので驚いた。








絶対に許してはならないこと

「絶対に許してはならないことは不安の念を心に居座わらせることです。取越苦労は魂を朽ちさせ、弱らせ、蝕みます。判断力を鈍らせます。理性を曇らせます。事態を明確に見きわめることを妨げます。いかなる人間も自分で解決できないほどの問題はけっして与えられません。克服できないほどの大きな障害は生じません――内在する神性が発揮されるような心掛けをしておればの話ですが……。地上の人間は、少数の例外を除いて、まだまだ本当の意味で生きているとは言えません。内在する霊的属性のごくごく一部しか発揮しておりません。よくよくの危機、よくよくの非常事態において、その霊力が呼び覚まされて勇気と知恵とを与えてくれますが、本来はいつでも引き出せるものです。病気を治し、迷いの時に指針を与え、悩みの時には指導を与え、疲れた時には力を与え、視野がさえぎられている時には洞察力を与えてくれます。それを可能にするのはあなた方の心掛け一つにかかっております」

シルバー・バーチの霊訓(三)二章 悲しい時、苦しい時こそ  p. 34 ~ 35

人がこの世を旅立つということ

「ほな行ってくるわ。後のことは頼んだで。」

雨の翌日の朝、父はそう言って船に乗り出かけて行った。

その言葉を聞き、はっとした。


たぶん父親は、同じような言葉を自分に言い残して 霊界へと旅立つのだろう。
そして、人がこの世を旅立つということは
本来はこんな感じなのだろうなと思った。
仕事や家事など様々な雑務、日常のしがらみから解放され
楽しい旅に出かけるのだ。
愛する人がそのような解放と喜びを体験しようとしているのだ。
見送る我々には悲しむ必要など無いはずである。
喜んで見送り、感謝と愛を込めて送り出す以外に何が要るのか?








先日の朝、私は(近頃の自分にしては)がんばってとても早起きをし実家へ帰り 父を港まで送って行った。 その足でチョコを散歩に連れて行き 桜道を歩きながら色々と思いを馳せたのだった。