スキップしてメイン コンテンツに移動

二択問題



30分くらいで終わる薬の点滴をするのに
毎回針を刺すか、それとも
刺しっぱなしにしておける針を使い
点滴を落とす時に管を繫ぐようにするか
どちらがいいですか?

聞かれ、「どちらも嫌です」という答えは
どうやら選択肢に含まれていないようだったので
仕方なく「毎回刺し」を選びました。








毎回刺し用の針は腕を曲げると
血管を突き破ってしまう可能性があると教えてもらい
恐ろしくて肘の下に枕を置いて腕を硬直させていた。

それでも二日目くらいには余裕がでてきて
写真を撮ってみたり。



そして撮ると無性に誰かに見せびらかしたくなり
ターゲットに選ばれたラッキーな方々へ
写真を送りつけたりもした。
(ごめんにゃー)





今回の入院は針修行ではありませんが
病院というところは
なんだかんだでよく針を刺される場所です。
結局それなりの回数を刺されました。




でね、採血中に血を抜かれている様子も
観察できるようになったの。

以前は絶対見れんかったのに。

どう?すごいでしょ?(笑)



そんなこんなで、2週間と少しの別荘ステイを終え
無事に帰ってきました。


新しい薬での治療は7月の終わり頃まで続く予定。
しばらくは頻繁な通院がんばるよ。


気にかけてお祈りしてくれた素敵な応援団のみなさん
優しいドクター、ナース、病院スタッフのみなさん
出会えた患者さんやご家族のみなさん
いっぱい感謝しています!!





コメント

Toshi さんのコメント…
まずは、無事の帰還おめでとうございます

帰ったからといって調子こいて動き回らず 安静第一にお勤めください......無理だろうな(笑)

まだ気候も安定しませんので ゆっくりとお過ごしください
Miya さんの投稿…
え〜無理じゃない無理じゃない(笑)
昨日はのんびりして、今日はぼんやりしていますよ。

いつも応援ありがとうございます。
これから昨年のバジルの花穂を解体して種を取り出します。

Mocha Lovery さんの投稿…
よくぞご無事で!!早く会いに行きたいよー!!
八月には会えるかな??
いろいろなことを楽しんでいるMiyaさんは、すごく素敵です。わたしも、香港三年目。やっと生活は楽しめるようになってきたけど、仕事は今年が一番ドタバタ…
なんでかなー??
あと約三ヶ月…楽しんでるよ!って言えるようにがんばりまっす☆
とにかく、今回はゆっくりまったりしてね(*^^*)Mochaの姉より
オレンジトリッカー さんのコメント…
去年入院してた時は毎日のように針を刺されてたのに、今でも採血で針を刺される瞬間には目をそらしてしまいます。
来週は久しぶりに検査で病院にいくので、がんばって針が刺さる瞬間を目視してみよう。

検査が終わったら2週間仕事を休んで遍路に行ってきます。
今回は徳島から高知まで。
荷物の軽量化に苦戦中です~
Miya さんの投稿…
Mochaのお姉さん、ありがと〜


楽しんで生きるって実は簡単にできることではなくて
人生ははっきり言って楽しくも美味しくもない
チャレンジや試練やつまらないルーティンで組み立てられたパズルのようで

それらの隙間に色々なサイズの楽しみや喜びや感動を
詰め込んだり押し込んでみたりしていくものだと思うよ。

しんどいときや辛いときには
「辛い辛い。でもこれが今の自分だ。」
そう言って、今の自分に無理なくできることだけ
やっていればいいんだよね。

どんなしんどいや辛いも、いつまでもは続かない。

わたしは今の病気を持ってから、つらいときにこの一行を自分に
言い聞かせられるようになったよ。
つらいしんどいこわいを落ち着いて受け入れ、
そして気付けば乗り越えていた。
少しずつ、それができるようになってきたよ。


人生の終わり頃に振り返って
色々あったけど、いい人生だった!
そう言えたらいいんじゃないかな。
だからこれからもお互いに
型にはまらない自分の生きたい道を
堂々と歩んでいこうね。

で、おばあちゃんになったら
それぞれの人生を振り返り一緒に語り合おうよ!^^


8月楽しみにしてるね!!

あと約三ヶ月、身体を大切に過ごしてね。


Miya さんの投稿…
オレンジトリッカーさん

メッセージありがとうございます。
お元気そうで安心しましたー。
ご愛車のオレンジトリッカーもご機嫌ですか?

実は、針を刺される瞬間を見る勇気はまだです(笑)
私も今週の採血時に、がんばって見てみようかなぁ‥
成功したら報告しまーす^^v

良い検査結果がでますよう、お祈りしています。

お遍路に適した季節になりましたね。
徳島から高知のどの辺りまで予定ですか?
どうかお気をつけて行ってらっしゃい。


オレンジトリッカー さんのコメント…
今回は徳島市から高知市まで。
17番井戸寺~30番善楽寺の260キロです。
一日25キロくらい。
基本野宿のつもりなのでテントと調理器具、食料をいれるとザック重量が17キロといったところです...重い...
宿泊まりで荷物を減らして一日の距離をかせいだほうがいいのかな。

トリッカーはちっとも乗ってないのであいかわらず新車のようです。
梅雨があけたら紀伊半島にお礼参りツーリングに行きたいなぁ。
Miya さんの投稿…
徳島市から高知市まで!
17kgを背負って260kmの遍路道を歩くの
わたしには想像さえも難しいことに聞こえます‥
バイクに乗せて走れば楽勝ですね(笑)
どうか、無理の少ないプランをお選びになりますように。
高知でおいしいタタキを食べてくださいね。

うちのトリッカーもちっとも乗られていなくて
たまに父親がちょい乗りやエンジンをかけてくれています。
トリッカーさん、すいませんっ!!て感じです。。

紀伊半島ツーリング絶対おすすめですよー!
色々復活したら、わたしもまた行きたいです。


今日は病院へ行ってきました。
で、針刺され観察成功です^^v
感想は、「な〜んだ、これだけのことか」でした(笑)


このブログの人気の投稿

旅立った人は、どんどん進んでいく。

気持ちの良い青空の季節になった。
朝晩は寒くなり、そして家の中の寒さ対策、そろそろどうにかせねば‥

近づく紅葉が楽しみです。






先日の夜、実家の両親と
祖母のささやかなメモリアルを行った。

祖母が旅立って3年が経った。
実感的には、5年とか7年くらい経ったような気がする。
祖母にたずねてみた。
この世を旅立った人にとって、3年とはどんな感覚ですか?

あちらでは時間の感覚がだいぶ異なるのだと思う。
祖母は、私たちよりも10年とか20年くらいは先を行っているような気がした。
もっともっと先かもしれない。
こちらで「生きていた」ときの祖母とは、かなりの別人というか別人種というか、
言葉では上手く説明できないが意識の部類、種類が別物なのだ。
でも、愛で繋がっているから祖母だとすぐに分かる。

「死んだ」人は、死んだときのまま時が止まってしまうのではない。
全くない。
旅立った人は、どんどん進んでいく。

今回、このことを改めて強く感じた。

私は声に出して話したわけではないのに
隣にいた父親が全く同じようなことを言ったので驚いた。








絶対に許してはならないこと

「絶対に許してはならないことは不安の念を心に居座わらせることです。取越苦労は魂を朽ちさせ、弱らせ、蝕みます。判断力を鈍らせます。理性を曇らせます。事態を明確に見きわめることを妨げます。いかなる人間も自分で解決できないほどの問題はけっして与えられません。克服できないほどの大きな障害は生じません――内在する神性が発揮されるような心掛けをしておればの話ですが……。地上の人間は、少数の例外を除いて、まだまだ本当の意味で生きているとは言えません。内在する霊的属性のごくごく一部しか発揮しておりません。よくよくの危機、よくよくの非常事態において、その霊力が呼び覚まされて勇気と知恵とを与えてくれますが、本来はいつでも引き出せるものです。病気を治し、迷いの時に指針を与え、悩みの時には指導を与え、疲れた時には力を与え、視野がさえぎられている時には洞察力を与えてくれます。それを可能にするのはあなた方の心掛け一つにかかっております」

シルバー・バーチの霊訓(三)二章 悲しい時、苦しい時こそ  p. 34 ~ 35

人がこの世を旅立つということ

「ほな行ってくるわ。後のことは頼んだで。」

雨の翌日の朝、父はそう言って船に乗り出かけて行った。

その言葉を聞き、はっとした。


たぶん父親は、同じような言葉を自分に言い残して 霊界へと旅立つのだろう。
そして、人がこの世を旅立つということは
本来はこんな感じなのだろうなと思った。
仕事や家事など様々な雑務、日常のしがらみから解放され
楽しい旅に出かけるのだ。
愛する人がそのような解放と喜びを体験しようとしているのだ。
見送る我々には悲しむ必要など無いはずである。
喜んで見送り、感謝と愛を込めて送り出す以外に何が要るのか?








先日の朝、私は(近頃の自分にしては)がんばってとても早起きをし実家へ帰り 父を港まで送って行った。 その足でチョコを散歩に連れて行き 桜道を歩きながら色々と思いを馳せたのだった。