スペシャルミントティー



スペアミントとアップルミントのお茶。


いつでも好きなときに
フレッシュハーブティーを
楽しめる。


決して楽ではないけれども
やっぱりハーブを育てていてよかった!!
そう思える瞬間のひとつ。





うちのアップルミント。





20年くらいも前に植えた小さな苗が
何があっても死なない不死身帝国に成長してしまった
驚異の生命力のハーブ。

(少女だったわたしが植えました。
耕耘機で根絶やしにしたと思っていても見事に復活しました。
ミントは植える場所を充分考えてから植えましょう。
土の中に太い茎を張り巡らせて増殖するので
根付いてしまったらそれを取り消すのはとても困難です。
地植えはあまりおすすめできません。)




スペアミント。



入院日の朝に大きな鉢に植え替えた。
根詰まりを起こしていて、そのままでは危なそうだったので
退院して帰ってきたらスペアミントのお茶を飲みたかったので、頑張った。
(その時既に微熱があったのは内緒です。もう時効です。)



そんな二種類の特別なミントのブレンドティー。

とても美味しくて、飲んだあとに
彼らへお礼を言いに行きました。



ハーブたちは、元気に急成長した姿で
わたしの帰りを待っていてくれた。




裏のハーブ畑プロジェクトは
昨年の5月の連休中にスタートした。

あれから丁度1年。

わたしは2回の入院を経験。
ハーブ達は大きく成長し
畑はミニハーブガーデン風になってきた。
思いはちゃんと形になるんや。




コメント

ぴとみ さんのコメント…
「地面に預けるのがいちばん確実だ」と、近所のお百姓さんがおっしゃいますが、ハーブを1年預けて大きな利息がつきましたね!
ちょっと化学の力を借りつつも、体と心を自然に預けて、快適な過ごし方を探りましょう。いいものが増えるかもしれません。
Miya さんの投稿…
ぴとみさん、こんにちは☆

ありがとうございます。

いいものが増えるかもしれません

そのお言葉にワクワクしまーす♪♪

やっぱり、母なる大地に育ててもらうのが一番ですよね!
鉢植えと地植えの、元気と勢いの差が一目瞭然です。

去年植えたときにはあんなにチビだったのが、こんなに大きく育ってくれて‥
考えていると感動がじんわり染み渡ってきます。

畑があり、休み休みながら畑作業のできる身体と時間にも
恵まれていることに感謝感謝です。



このブログの人気の投稿

旅立った人は、どんどん進んでいく。

人がこの世を旅立つということ

夜明け