道しるべ



古い古い、手作りの栞(しおり)が発掘された。

草の葉っぱを動物の形などに並べたえらく控えめな作品4点に、手書きの名前と日付け。
偶然にもその日付は9月12日と書かれてある。

恐らく小学6年か中学1年くらいの頃、野外活動の授業で作ったものだと思う。

いったい何年前の9月12日になるのだ。


しおりという言葉の由来は、山道などを歩くときに迷わないように
木の枝を折って道しるべとする行為を現す動詞「枝折る(しおる)」なのだそうだ。



このしおりを作った人物がいくつかの場所を旅し、回り道を選んだり
立ち止まったり散々道に迷ったり、長いのか短いのかよく分からないような
どちらの呼び方も当てはまる道のりを歩んでいる間
この手作りのしおりは、道しるべの役割は辞退し
引き出しの奥に隠れてひっそりと過ごしていた。


しかも長い年月を飛び越え、書かれた日付と同じ日に発見されるところも
ちゃっかりしている。






しかし、このしおりを作った少女は考えもしなかっただろうな。

あれから彼女は、この小さな島を飛び出してみて
いくつかの文化の中で暮らしてみたり
いくつかの病気を体験してみたり
好きなことも沢山見つけて
人生の道しるべとなってくれる人たちにも恵まれることを。








室内犬と暮らし、犬にそのしおりを見せたが
あまり興味を得られなかったというのも想像しなかっただろうな。









『あなたがいなくても、わたしはちゃんと生きてこれたし
よく道にも迷ったけど、それはそれで面白かったよ。
あなたよりも綺麗でセンスの良い栞にも出会えたし
形にはできないようなこころの栞もたくさん作ることができたよ。』

しおりに伝えると、生意気なしおりが返事をした。


『わたしはずっとこの場所であなたの道を見守ってきました。
これからもどうぞ思う存分に瞑想も迷走も楽しんでくださいな。』




このブログの人気の投稿

旅立った人は、どんどん進んでいく。

人がこの世を旅立つということ

夜明け