驚異の生命力



99歳の祖母、持ち直しています。

先週の手術後、肺炎を起こして発熱し、痰も多くて度々の吸引が必要で
殆ど食べず、殆ど眠っていて、誰が見てももうあまり長くない状態で
みんなそのつもりで行動していたのに。

わたしも、また生理で寝込み昼過ぎまで38℃代の熱がでていた日の夕方に
頑張って病院へ行き、前回のあの手の写真を撮ったんだよ。


肺炎の治療が効いたみたいでおばあちゃん
今では時々自分の手で器を持って食べている。

腕や手に点滴の針や酸素モニターつけていると
すぐにに自分で外したり引き抜いたりするので足に取り付けられたそれらを
何とかして外したくて、大腿骨骨折の手術を受けた右足を
必死で曲げたり動かしたりしている。
側にいると10回でも20回でも30回でも
「あれを取っておくれ」と訴えてくる。

膝も足首も足指も、力強く動かしまくっているし
リハビリ技師のお兄さんにやってもらっているよりも
かなり超越した範囲の自主リハビリを勝手に行っているんですけど‥

脚のサポート用の枕を、自分で何度でも勝手に外しては

『いらんからそっちに置いといて』と渡してくるし。





これは、父と祖母の筆談の跡。

しっかり文字も書きよるし‥


99歳にて、もういつ逝ってもおかしくない状態からここまで元気に回復するとは‥!
ただただ驚いている。







一時は恐らく魂が身体から放れかけていたのか
家の中でよくおばあちゃんの気配を感じられたり、誰もいないところで音がしたり
父の夢にもよく登場していたそうだが、最近では一切そのような現象がなくなった。
魂が再びしっかり身体に戻ったらしい。

祖母は、とにかく心肺機能が強靭なのでしょう。


わたしはこのところ、おばあちゃんが夕食を終えた頃くらいに病院へ行き
しばらく2人の時間を過ごしている。


普通に話しかけてもあまり通じないし聞こえないことが多いので
おばあちゃんは、魂のレベルで語りかけたり働きかけたり
するための練習をさせてくれているのだと思っている。


小学校の先生だった祖母は、小さい頃よく勉強を見てくれた。
九九もおばあちゃんに教わったんだよ。

やっぱり最後まで先生なのだ。

いつも伝えているつもりだけど、ありがとう。






このブログの人気の投稿

旅立った人は、どんどん進んでいく。

人がこの世を旅立つということ

夜明け