アロマ部屋の引っ越し

この顔に見覚えのある人はおるかね?




確か小さい頃は、淡い恐怖感を持ってこの面を見上げていた。

長年この木の顔に見守られていた部屋が
わたしと同い年のこの部屋が
先日、アロマの部屋に変身した。



おばあちゃんに背中を押されるように
色々ごちゃごちゃと難しく考え続けるのは止めて
まずは一歩外へ踏み出してみることにしたのだった。










家族みんなで協力してできたのが何よりも嬉しい。



ちょこやんも一生懸命お手伝い中。。




意識的に後回しにしていたトイレ掃除を
いつもの明るい顔で進んでやってくれる母の姿を見て
泣きそうになった。

傷みがあまりに酷かったトイレのタイルを
とりあえずカバーする応急処置を行ってくれ
接着剤でまっ白になってしまった両手を笑顔で見せてくれた父を見て
また泣きそうになった。


そして5日後、とりあえず何とかそれらしく仕上がった。




しばらくはこの場所で、今の自分にできることに一生懸命取り組みます。


(木のお面は、隣の部屋に移動してもらいました。)

2 件のコメント:

toshi kondo さんのコメント...

手作り感満載のサロンになりそうですね、少しづつ改良して使いやすく みなさんが来やすいサロンを作ってくださいね

Miya さんのコメント...

ありがとうございます。大々的にやっていくための体力や体調や経済力がまだ不十分なので、無理しすぎない範囲で少しずつです。
他に、この場所は私のゼロ地点であり、最終目的地ではないということもあります。
これからこの空間をどのように使わせてもらい、どの程度手を加えることが
理想的かつ現実的なのか、考えて決めていかなければなりません。
自分で道を選んで作っていくことは容易ではなく
不安もありますが、エキサイティングですね。
いつも応援ありがとうございます。

お賽銭よりも他人への奉仕を

初詣で参拝者が長蛇の列を作っているのを見て 行列に並んでいるほとんどの人が、きっと当たり前のように 自分や自分の大切な人の幸せな一年をお願いしているのだろうと想像し、 初詣参拝者が皆、自分の願い事だけでなく 世界平和を自分の願い事と同じだけ思いを込めて願ってくれるよう...