尊く貴いもの



人との縁やつながりほど貴いものはないな。

近ごろよくそう思う。






そして、世界でもっとも尊くて貴くて幸せなことのひとつに
人と人との対話によって笑顔が生まれるということ。


本当の意味で人を幸せにできるのは
人と人とのつながりしかないのかもしれない。

ようやく、そう思える自分にたどり着けたのだ。

嬉しいのと、ホっとしたのと。







夕陽に変わり始めた太陽が街を美しく染めた。







この銀杏の黄色も美しかった、12月2日。




いつの間にかまた新しい冬がやってきて
2013年のカウントダウンが始まったね。

あなたの2013年は、どんな一年でしたか?
10年後や20年後や30年後のあなたは
2013年をどんな思いで振り返るのでしょうか?



このブログの人気の投稿

旅立った人は、どんどん進んでいく。

人がこの世を旅立つということ

夜明け