手放すこと

今日で二月が終わる。
明日から三月が始まる。

とても美しいが寒そうな雪景色の2月のカレンダーは
今日の昼間にめくってしまい、
一足先にチューリップ畑の3月をつれてきた。


今日は、手放すことについて考えた日だった。

『手放す』ということについて、どう考えますか?

手放すことは得意ですか?それとも苦手?

大切に思っている何かや誰かを手放すことは、勇気がいることだが
それほど難しいことではない。


何かの手放し方:
きつく握りしめた手のひらを開いて 、握りしめていたものを放して、手を振る。

添える言葉は、ありがとうかもしれないし
行ってらっしゃいかもしれないし
もしくは、行ってきますかもしれない。

相応しい言葉を決めるのはあなたしかいないのだから
ぜひ、あなたの勇気ある選択を好きな言葉で飾ってみて。


手放すことが難しいとか辛い苦しいとか感じてしまうときは
あなたがその対象にぎゅうぎゅうにしがみついているから
それしか見えなくなっているのだ。


手放す選択は、手放さない選択よりも
大きくて素晴らしい広がりや新しい可能性をもたらすのだった。
今日はひとりで考えごとをしながら文章を書いていたら、
そんな結論にたどり着いた日だった。

迷って悩んでいたことがひとつ片付いた。
とても楽になったよ、うれしいな。





letting go...it's a good thing!






このブログの人気の投稿

旅立った人は、どんどん進んでいく。

人がこの世を旅立つということ

夜明け