ジャムを作る日(すもも)





今日の課題は、すももジャム。
昨日の宿題の中にも すももジャムの仕上げが含まれていたが、
今日も引き続き すももジャム。




すももジャム作り。
結構手間のかかるマーマレード作りに慣れているので、
すももは楽勝だろうと思っていたところ、甘かった甘かった!!
しんどすぎて、二日がかりの仕事になってしまった。
作業過程の詳細については、
後日写真付きのレポートを書くかもしれません。
ヘロヘロでなければ(笑)


籠の横にいる茶色と白の毛皮は愛犬です。



今日は、父母に置いて行かれてしまったので
玄関の土間でふて寝をしている様子。






すももの木も、色々なみかんの木も
祖父母が昔、実家の畑に植えたもの。
これらの木からの収穫物は
祖父母が私たちに残してくれた豊かさなのだと
わたしは考えている。


その豊かな恵みに自分の手と想いを加え、展開、拡散させたい。
木が大地に根っこを、天へ向けて枝葉を広げていくように
わたしは、大地の豊かさが作り出す穏やかな美味しさや恵みを
自分以外の誰かに伝え、広げていく存在になりたいと願う。


また、今の自分には、大きな木の果物を収穫するための体力はまだ無く
汗を流しながら収穫してくれた両親への感謝の気持ちも込めて
今日はすももジャム作りに取り組む。


これ以上放置すると傷んでしまいそうなので
今日は先日の倍以上の量と向き合うことにした。
おいしく仕上がるようにがんばるね。





裏山に咲く

山の中に水仙が群生している。 ほとんど人が通らない場所なので、多分誰もこの美しい花たちを見ていない。 だからなのか花の精たち、とても伸び伸びとしていて陽気。 自然の中をひとり歩く。 植物の声を聴く。 とても大切なこと。