ポートレイト

家に帰ると、居間のテーブルの上に古そうな写真が無造作に置かれているのを見つけた。
10枚程度だろうか。

学ランを着た父のモノクロ写真、同じ学ラン男子達との集合写真。
祖母と誰か知らないおばさまの写真。
知らないお姉さんが、五月人形の前で男の子を抱きしめ幸せそうに笑っている写真。
和服姿の若い父と母。その写真の中の母が着ている着物を私も
一度だけ着せてもらった事があるのを思い出した。

そして一枚のポートレイトに目が止まり、くぎ付けになった。


初々しい表情の若い女性が石垣に腰掛けてポーズを取り、微笑んでいる。
一目見て私はこの可愛らしい女性のことが好きになった。

何て優しそうで可愛い娘なんだろう。
この子は誰だろう‥?

父に聞いてみても、分からない知らないと言った。

誰だか分からないのかぁ。。

思いながら写真を裏返してみると、黒いインクの文字が並んでいた。

書かれていたのは生年月日と、旧姓の母のフルネームだった。

「え?おかあさん?!これお母さんだ。」



きっとこの写真は、母の生家の側で祖父が撮った写真なのだろう。
母方の祖父は、写真やビデオ撮影に大変熱心で、家に暗室も構えていた。
幼少の頃私はおじいちゃんの暗室に出入りして遊んだりしていたのだった。

恐らく年齢は20歳くらい、東京で音大に通っていた頃のものと思われるの母の写真を
手のひらの上で眺め、当時の彼女が胸に抱いていたかもしれない想いや夢、希望などを
勝手に想像してみた。

かわいいな、おかあさん。。



写真の中の彼女に私は話しかけた。

「わたしのお母さんになってくれてありがとう。」

自然に出て来た言葉を呟いたとたんに涙がぼろぼろと流れ出た。

おかあさん。


しばらくすると、「ただいまー」の明るい声がして、母が帰ってきた。

私は慌てて涙を拭いて、「おかえり!」と言った。














(若き日の母の写真を見て、誰なのか知らないと言った親父へのつっこみは
またいつかの機会に/笑)

このブログの人気の投稿

旅立った人は、どんどん進んでいく。

人がこの世を旅立つということ

夜明け