初めての辛子漬け


自分で作った初めてのカラシ漬けの、初試食。






大勢のおばけきゅうりは2回に分けて仕込み、ついでに1kg程度の茄子もやってみた。









恐る恐る試食してみたら、ちゃんと辛子漬けになっていた!
自画自賛ながら、美味しくできていた。感動!


キュウリの一回目は、塩揉みした状態で3日間くらい
何度も水分を絞りながら寝かせながら仕込んだ。(放置とも言う)
2回目のキュウリとナスは、一晩だけ。
キュウリ、やっぱり3日かけた方が断然美味しい。
ナスは、めっちゃカラシ漬けだ。つーんとくる。
やったー。


美味しくできて嬉しいのは、これは母の味だから。

13のときに親元を離れて日本とは全く異なる文化や食文化の中で
計約16年間を過ごしたことになるので
私は母から料理を教わった記憶が殆どない。


私が料理を作る度母はいつも、自分が作るのとは全然違う味を
楽しめるのが嬉しいと喜んでくれる。


喜んでもらえて自分も喜びつつ、母の味をひとつも受け継いでいないことは
ちょっと寂しいよなぁ思うこともある。

だから今回、母の味をひとつ作れるようになってすごく嬉しいのだ。


食べてもらうのが楽しみだなぁ。


このブログの人気の投稿

旅立った人は、どんどん進んでいく。

人がこの世を旅立つということ

夜明け