チーズオムレツ





チーズや黒コショウを入れた、ごく普通のオムレツを作って食べた。
普通にチーズが乗ったピザとか、揚げ物とか。
多くの人が普通に食べているような食べ物。

病気になって最初の1年半くらいは、そんな普通の食べ物を
馬鹿丁寧に避けながら過ごした。
食べ物のラベルにも全部目を通し、脂質の多い物や
ガイドラインでNGとされている材料が含まれるものは徹底的にXとしてきた。
脂質をストイックに制限していたためか、
切り寿司に乗っていたスモークサーモンを一切れ食べただけで
胸焼けを感じてしまったこともあった。
外食もほとんどしなかったし、出先での食べ物が心配で旅行にも行けなかったし
友人や親戚の家で食事をごちそうになることにもストレスを感じて
出来る限り避けたり逃げたりしていた。

そのうちに、自分自身を厳しく規制することは
自分のためになっていないことに気付いた。
自分の内側から繋がる世界と深く向き合う静かな日々を過ごさせてもらううちに
身体の声やインスピレーションの声を聴く力を身につけられて
自分自身も、自分を取り巻く世界も少しずつ変化していった。


食べ物に関しては、出されたら少しだけ食べる勇気から
出されたら普通に食べる勇気へと展開した。
誰かが作成したガイドラインに従うのではなく
直感的に自分の身体が欲しいと思うものは喜んで食べるようになった。
今朝は、以前の自分なら即却下していたような料理を
自分で作って食べる勇気と喜びも確認できた。

鶏以外の肉を食べる勇気はまだだけど、
そのうちに、普通に食べれる日も来るのかもしれない。


完治しない病気になってしまった事実に対面したとき
これから自分は病気と共に生きるしかないのだと思った。

そして、私はその通り約3年間、病気を受け入れ
病気と共に生きる自分をやってきた。

沢山の体験や学び、気付きに恵まれた。
この3年間で自分が得たものは、多過ぎて大き過ぎて愛おし過ぎる。
それらを自分の力として身につけた今の自分が、私はすごく好きで
病気になる前の自分に戻りたいとは全く思わない。

そうやって、自分大好きになれた3年目。

病気と共に生きる自分は過去の自分とし、
これからは、病気を経てたどり着いた自分として生きることにする。


オムレツは、ケチャップとメイプルシロップでいただくのがおいしい。









このブログの人気の投稿

旅立った人は、どんどん進んでいく。

人がこの世を旅立つということ

夜明け