気圧965




気圧計の青い針が965を指した午前9時半ごろ
窓ガラスを叩き付けるような風雨がおさまり、蝉が鳴き始めた。

私たちは台風の中心にいました。









この気圧計は昔、父親がヨットに乗っていたころ使っていたらしい。

よく一緒にセイリングしていた同級生の友人からのプレゼントだったそうだ。









古くて暖かみのある気圧計をえらく気に入ってしまった私は、父に聞いてみた。

「お父さんが死んだら、この気圧計を形見にもらってもいい?」











表現があまりよろしくなかったのかもしれないが、
我が家では、生きている人物と死んだ人物の境界線が
あまりはっきりしないような会話が常に繰り広げられているので
まあいいだろうと思って(笑)


父は少し驚き、そして笑いながら言った。

「別に死んでからでなくても、みやが気に入ったんなら持っとけばいいよ。」

そして父は続けた。

「死んだら、何一つ物は持っていけんからな。
欲しいものがあるなら、何でももらってくれ。」







これって、親の愛というものだろうか?


自分は「親」という立場を体験したことがないから
あまりよく分かっていないのだろうが
さっきの言葉の背後に込められた父親の愛を察して
涙がたくさんこぼれた。
涙をぼろぼろこぼしながら、この更新を書いた。


このブログの人気の投稿

旅立った人は、どんどん進んでいく。

人がこの世を旅立つということ

夜明け