9月7日









いつもの入り江にヨットが浮かんでいた。
それだけで、いつもと違う特別な眺めだった。

瀬戸内の海景は、船が入ってきて完成するのだと私は考えている。
つまり、常に動きがあり、同じ絵にまた出会えるチャンスは多くない。
だから私は、今出会えた景色に特別な愛おしさを感じるのだ。

綺麗だった、ありがとう。





このブログの人気の投稿

旅立った人は、どんどん進んでいく。

人がこの世を旅立つということ

夜明け