ヒマワリのタネをまいたら

朝のゴミ出し散歩から帰ると、ヒマワリ畑にネコが寝そべっていた。
花が終わった後のヒマワリの種を目当てに
飛んで来る小鳥たちを観察しているようだった。

そういえば、7月の終わり頃 花盛りだったヒマワリの花に
小さなミツバチを捕まえた小さなカマキリを見つけたことがあった。
その時も早朝のウォーキング帰りだった。

ミツバチは、嫌だ嫌だと必死にもがいていて
カマキリは、獲物を死守していた。

「その子はまだ生きたいって言ってるよ」
私はカマキリに声をかけてみた。

するとカマキリは言った。
「ぼくだって、食べないと生きられない」

そうだよね、やっぱり。

「じゃあ、ありがたくその子を食べて、その子の分まで生きるんだよ。」
偉そうに、私は言ったのだった。カマキリに。

誰かが生きるために
誰かの命が使われていく世界に
わたしたちは生きている。 

こんな世界で命をもらって生きている側でいられることは
とても尊くありがたく、奇跡的なことなんだね。
誰かの命のために自分の命を譲る存在たちに
わたしたちは生かされているのだ。
愛おしき命。

ヒマワリの花で出会った命のドラマについて
手帳に書いておいた。


季節は進み 
ヒマワリたちは皆、頭を垂れ
賑やかだった蝉の声も聞こえなくなった。

秋のヒマワリ畑は静けさに包まれていて
時折やってくる小鳥の羽音や控えめな鳴き声がよく響く。

畑の溝に入り込んだ白とグレーのネコが
緑色の瞳を輝かせて小鳥の動きに集中している。

私は少し離れた場所にしゃがんで
白xグレーのハンターに話しかけた。

畑に寝そべって小鳥たちを見てるんやね。
なかなか素敵な朝の過ごし方だね。
犬に見つからんようにしいよ。

ネコは、ご機嫌そうな眼差しでこちらをチラ見してから
瞳を閉じてしっぽを小さく上下した。



ヒマワリのタネをまいてみてよかったな。
来年もまた、ヒマワリのタネをまこう。


畑にまいたヒマワリのタネが
色んな命が行き交う場所をもたらしてくれた。

今年のヒマワリの花は枯れた。
来年また新しい花を咲かせるための種を残して枯れた。








このブログの人気の投稿

旅立った人は、どんどん進んでいく。

人がこの世を旅立つということ

夜明け