きみとわたし、7年


うちの困ったワン。
このお犬様、再びごはんをひとりで食べれないモード全快中。





手間がかかるぞ〜

横に座っているだけで食べてくれると助かるんだけど
最近はそう上手くいかず
器を持ち上げて持つか
一粒ずつ手渡しで食べさせたりしているのさぁ。

お天気に関係無く毎日朝夕の散歩へ行き
帰ったら風呂場で足洗いをして拭いて乾かして(朝夕)
朝夕のご飯も、べったり付き添いなのさぁ。

めっちゃ手間がかかるぞ〜




しかし、この犬は7年間、どんな時にも変わらぬ愛で
私に寄り添っていてくれた犬なのだ。
この犬が見せてくれる愛の形を
私も真似ながら、少しでも身につけたいと思う。

一緒に居られる時間はいつまで続くのか分からない。
いつの日か、間違いなくやってくる決別の時に
私は後悔の涙は流したくない。


もちろん忘れる日もあるが、私はできるかぎり
一日の終わりに愛犬に伝えるようにしている。

今日も一日ありがとう。
一緒に過ごせて幸せだったよ。

いつ別れの時がきても後悔しないような向き合い方を心がける。

これが、私の犬の飼い方です。






2007年の9月にチョコが私のところへ来てくれてから、7年が経過しました。

ありがとうチョコ。
私たちを見守って、愛おしく思ってくれているみなさん。
本当にありがとう。





このブログの人気の投稿

旅立った人は、どんどん進んでいく。

人がこの世を旅立つということ

夜明け